ベートーヴェンソナタアルバム(2)

まだまだ書き足りないマドモアゼル愛先生の月🌙欠損理論。

ベートーヴェンよ、あなたもか❗️
とびっくり仰天した。

というのは月🌙の欠損理論が気になりすぎて色々ネットサーフィンしていたら、
THE 射手座♐️♐️♐️と言われている作曲家が紹介されていて、それがベートーヴェンだったからだ。

月の欠損とは、マドモアゼル愛先生が提唱している、月星座🌙の示す場所で、その人に無い要素だが本人はそれが好きで得意と思っている要素のこと。わたしの場合は、月星座が射手座♐️なので射手座要素が無いことになる。
(七歳までの要素はあるそう)

わたしはピアノを20年以上習っている。どの作曲家が好きかと言われれば、

勿論、間違いなく 【ベートーヴェン
だったのだ。

ベートーヴェンソナタに差し掛かった中学二年生の頃、
ベートーヴェンソナタアルバムのCDを聞きまくり、発表会で
ベートーヴェンピアノソナタ「月光」を弾いた。
その後も「悲愴」「田園」ソナタ第1番、2番、3番、4番、7番・・・とレッスンで弾いていき、
「ワルトシュタイン」「熱情」
の上級向けも暗譜で弾いていった。
ベートーヴェンが大好きで、ワルトシュタインに至っては好きすぎて半年で終わらせてしまった。
わたしはベートーヴェンが得意だと思っていた。(あたかも好きで得意だと惑わせる月星座)

ピアノの先生は、ベートーヴェンは緻密でパズルみたいで、よく考えられていて、弾いていると疲れる😣💦⤵️ベートーヴェンには悪いけど、私(ピアノの先生)自身はあまり好きではない。
と嘆いていた。
ピアノの先生は、わたしに対しても、ベートーヴェンソナタはもういいから、充分だから、ショパンや他の作曲家をやろうよ

と言っていたくらいだった。

しかし去年2020年はベートーヴェンの生誕250周年記念で、ベートーヴェンピアノソナタをやらせてもらえることになり、久しぶりにベートーヴェンピアノソナタの楽譜を出してきた。それがこの楽譜で、ピアノソナタ18番を弾くことに。

去年の夏頃に
ショパンのバラード1番を終わらせて、ベートーヴェン18番一楽章からスタート。一楽章は難なく合格。二楽章は、少し手こずり、今に至る。
しかし、見つけてしまった、月欠損。ベートーヴェンが射手座♐️要素満載だと知り、
ベートーヴェンピアノソナタに対しても、
全く[やる気]が無くなってしまった。

二楽章をやる気なく弾く→来週に持ち越し
二楽章をやる気なく弾く→来週に持ち越し

が続くと、さすがにピアノの先生もわたしにどうしたのか聞いてきた。
ベートーヴェン、好きではなかったのか?最近練習してないみたいだけどどうしたのか?

私自身にムラがあるからやる気無い時期に突入したのかな?とも思ってくれていたみたい。

しかし、月欠損🌙を先生に説明すると、そんなん信じる方がおかしいよ

とのこと。
まあ、そうかもしれない。

ただ、先生もあまりベートーヴェンが好きではないから、二楽章だけは終わらせて、そのまま違う作曲家にいってもいいし、続きの三楽章をやってもいいとのこと。
確かに二楽章は終わらせてしまいたい。

他の作曲家も気になり、割と好きなショパン魚座♓️、基礎練習の平均律でわたしを苦しめるバッハは牡羊座♈️だった。
その要素は、わたしは欠損していないので、とりあえずホッとした。

中国語検定対策2級 問題集

中国語検定対策2級問題集[改訂版]《CD2枚付》

中国語検定対策2級問題集[改訂版]《CD2枚付》

  • 作者:伊藤 祥雄
  • 発売日: 2017/10/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

マドモアゼル愛 先生の月🌙欠損論を知ってから、全く勉強せずにいた中国語。

この月欠損理論を知る前の、今年1月に申込してしまった中国語検定試験 二級 のテストが本日だった。

申込してしまったものを受けないのは勿体ない。いや、人生の時間を、月欠損が示す物事(月星座射手座のわたしからしたら語学)に使うのが勿体ない?
中国語自体は、せっかく10年以上も勉強してきたのに。

悶々としながら、2月・3月と、全く勉強せずに臨んだ試験。

受けてみての感想は、

やっぱり申込したからには、もっとちゃんと勉強したら良かったな

だった。

射手座♐️の月欠損で、語学の要素がわたしには無いとはいえ、純粋に好きみたい。
この紹介した本だって、二回も買った本だった。(一回目に買ったときベトベトの液で汚してしまい、わざわざもう一度買いに行った本だった。)

1月までに必死で勉強した知識はあるから、それで何とか乗り切ったが、採点してみたら落ちていた。ただ前よりは出来ている。進歩がある。

自分の純粋な楽しみとして、中国語は続けるかどうか。月に惑わされていたとしても。

この本の1問目。
他才七岁,居然会背这么长的散文,真了不起。
(彼はたった7歳にして、意外にもこんなに長い散文を暗唱しているとは、本当にすごい。)

意外にも、という単語を選ぶ問題。この例だと居然 を選ぶ。

この、問題文の彼も7歳までしか能力が伸びない月星座に惑わされているのだろうか

とか余計なことを考えてしまった。

読みたいことを書けばいい

読みたいことを、書けばいい。

読みたいことを、書けばいい。

今、わたしが読みたいことを書きます。
それはね、月🌙の欠損論。
マドモアゼル愛先生の動画、ブログ、それを受けての数々の人のブログ、ここ最近で読み漁りました。

わたしは月🌙が射手座です。
射手座♐️が司るものは
海外や外国に関すること、高次な学問、立派な人、理解力に優れる人、発展力、おおらかさ、正当性、正直、社会性も抜群。

月星座が射手座だから、上記が無い ことになります。

とってもショック❗️

月🌕️はあたかも自分がそれが得意であるかのように魅せてくれる。

本当、その通り❗️

わたしは幼少の頃から、世界の国旗や地球儀🌍️、世界の文化に興味があり、ずっとそれらの本ばかり眺めてはワクワクする子どもだった。ねだってワザワザそれらの本や世界に関するモノを買ってもらった。
母方の祖父が英語教師でブラジルに出張などあり、4歳頃のわたしが数を英語で数えていたら、祖父母に凄いね、と言われた記憶がある。

家にある本も世界の文化や語学に関する本ばかり。
自分のことを
立派な人、理解力のある人と無意識に思っていたかは分からないが、自己啓発やビジネス系、社会人として必要な知識系の本も山ほど買って山ほど読んで、を繰り返していた。

英語の勉強も小学生から始め、世界の文化など、興味があり得意で、これを追い求めることこそ、わたしの人生かも、と本気で思っていた。
大学は国際文化学で、インドや中国、イタリアなどに行き、中国短期留学(1ヶ月)も経験。英語は勿論、中国語もずっと学んでいる。

社会人になってからも、海外を目指す、世界の文化を知ることこそわたしだと思い込み、毎年のように海外旅行に行った。中国やアメリカ、カナダ、モロッコウズベキスタンなど。英会話も習い、中国語も10年続けた。(でも英語も中国語も未だに初心者レベル)

就職活動時も海外と繋がる会社 と決めて就職。ある程度経った頃、中国赴任の募集にも応募しようとした。

中国語はずっと続けていたし、英語に触れるのも好きだった。今でも家に沢山の世界の文化の本があり、読みふけるのが好きだった。
世界の国旗のアプリをダウンロードして高得点で得意気になったり、世界の国旗の塗り絵や世界の国旗の~みたいなやつドンドンやっていったり。

コロナがなければ2020年も2021年も海外に行っていただろう。

純粋に自分が好きで得意で、と思っていたものが本当は違うなんて、大ショック❗️10年も
毎週NHK中国語講座見てるよ❗️
世界史も大好きでいつも勉強してたよ❗️
大学の頃は国際文化の学習にドハマりし、必要単位以上に取得、これこそがわたしの進むべき道だと思っていたよ❗️

月の欠損論を聞いて思い当たる節がありすぎる。社会性があり立派な人になりたいだけで、本当は無い。理解力もない。
その通りだよ。
社会人になってから、理解力がないことは日々薄々分かっていたよ。皆が分かることが、わたしには分からないときがある。そして、分かるふりをする。その通りだよ。
理解力あるように、立派にふるまおうとする。
いつも、焦っているときも困っているときも何事もないかのようなフリして、立派であろうとしてポーカーフェイスで、何考えてるか分からないって言われて。

職場の同僚たちは、数年を一緒に過ごしてるから、わたしに理解力がないこと、立派じゃないこと、発展力がないことに、本当は気がついてるんじゃないかな。
でもわたしが必死に立派であろうとするから見て見ぬフリをしている気がする。

そして高次な、立派な人じゃないのに、自分のことを、そう見せようと思っていた。
それは上記のように、態度に出ているし、宇宙の仕組みの本とかNEWTONとか、高い次元の本とかも、読みふけってたな~。

月射手座の反対星座は、双子座♊️。
わたしは太陽☀️も、水星も、金星も双子座。
ドラゴンヘッドも双子座。
これはもう、双子座らしく生きるってことだな。

自分で得意だとはあまり認識なかったけど、
効率化、仕事の早さ、思考力、マルチタスク
は意識せずとも出来るらしい。

マドモアゼル愛先生もどこかの動画で、
本当の赤ではない赤っぽいドレスを着ていたら、
「これは赤よ❗️」
と皆にワザワザ示すが
本当の赤ならそんなことは言わない。
って言ってたけど、それに通じると思った。

わたしは双子座が強い星回りだから、それが当たり前で特に自分で何とも思ってなかったけど、
周囲の人、身近な人によく言われていたのが
(称賛やイヤミ、叱責や、注意も含む)

仕事はやいね。
効率化すごいね。
いつの間に終わったん?
はやすぎやしない?
日報(全社に公開されるときがあった)が独特~
仕事が早ければいいってわけじゃない
生き急いでいる
興味の対象がコロコロ変わる
イデアでチャチャっとやる
もっと丁寧に
雑にしない。
はやいのはいいけど

ということ。今思えば自分で何とも思ってなかったこと。それよりは
射手座的な(月射手座で本来は持ってない)ことを
見て見て~❗️❗️
わたしってこうなの❗️
外国語話せるよ❗️
世界の文化得意❗️
宇宙の理論とか高度な知識とか知ってるよ❗️
わたし立派で理解力あるよ❗️
と(ポーズでも何でも)見せていた気がする。
・・・・恥ずかしい。

月射手座は理解力がない。
月射手座反対方向・双子座は思考力がある。
理解力と思考力ってどう違うのか?
と思って検索し、理解力診断とか思考力診断とかやってみたら
思考力診断は割と出来て、理解力診断はほぼゼロ。
こういうことか~。

また発見があれば記事書ければいいな。
とりあえず、今出来るのは欠損に気がついて、双子座的なボーイッシュファッションを取り入れることかな❗️

(月射手座で射手座の要素が無いのに、射手座的なコスプレファッションしてた。紺、貴婦人が着るような服、仕立ての良い服、おばあさんや、おばさんが昔から着ていたような上品な服・・・・。つまりイイトコのお嬢様っぽい服😂)

メンタル強め美女 白川さん

本屋さんで偶然見つけた本。何故か気になり、購入した。
読んでみた感想は

白川さん、メンタル強いしポジティブ

だった。

舞台は会社。美女で何でも持っているように見える白川さんに色々な人が僻んだり嫉んだり。嫉妬心からの嫌がらせを受けたり、イヤミを言われても、
白川さんは笑顔で流せる。

これいいな、と思ったのは

白川さんの脳内変換。

ある同僚
「白川さんって部長にチヤホヤされて調子に乗ってる!」

この人が本当に言いたいことは?
変換後・・・

(私だって仕事頑張ってるのに上司がちゃんと評価してくれない!)

脳内変換2
大分年上の女性同僚
「そんなヒラヒラしたスカートじゃ動きにくいわよ。会社まで男の目気にしてどうするの」

この人が本当に言いたいことは?
変換後・・・
(私は地味で目立たない服ばかり着てるのに!
私も娘時代にもっとおしゃれを楽しんでおけば良かった!)

白川さんはどう美しく年を重ねていくか
まとう香りはどんなものがいいか
皆が自分らしく働けるにはどうしたらいいか
声に艶を出すには

等々、女性らしさと自分の価値を高めることに余念がない。
どんな嫌がらせを受けても、ポジティブ思考で乗りきり、ときには意地悪した相手とも仲良くなってしまう。
ぶりっこで、フランス人形さんみたいな美女で、同性からの嫉妬が凄くて、男性や部長からは人気。

この本から学んだこと。
やはり脳内変換がいいな、と思った。
過去にあった色々なことを思い出したが、その内のイヤミなどは嫉妬の裏返しだな、と改めて感じた。

ナミヤ雑貨店の奇蹟

ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

読後感、ものすごく不思議な感覚になった。
雑貨店を通して、昭和の終わり頃の時代1980年代と、現代とで文通のやりとりをする物語。

色々な人が出てきて、それぞれの悩みによりそい、雑貨店の人(もしくは現代にいる1980年代から見ると未来の人達)が、それに回答していく

という物語。

わたしが忘れられないのは、1980年代に、一緒に夜逃げした親から、1人で逃げた中学生男子。1人でたくましく周りに正体がバレないよう生きていく様子と、その後。

バブリーな雰囲気漂う武藤という女社長の、学生時代の、悩みとその後社長になるまでのいきさつ。

ナミヤ雑貨店店主のおじいさんとその息子と孫の話。

父親が魚屋さんの、ミュージシャンのお話。

なんか色々絡み合って、ひとつのところにいきつく。それはもしかしたら、叶わぬ恋であった、壮大な恋愛の物語なのかもしれない。

とにかく運がよくなりたい!

突然ですが占ってもいいですか
この番組を母から勧められ、最初は全然興味が無かったのに、2020年秋頃から撮りだめしていた録画を一気に見てしまうほどに、はまってしまった。

その頃、この雑誌(ムックかな)が出た。迷わず購入、番組出演者のその後を追った記事を読んだ。

本を読んだら出来るだけ行動に移すのが大事なので、この本からも学んで出来ることを、取り入れることにした。

この本から取り入れたこと。

巻末にシウマさんの携帯下4桁占いがあり、私の場合、それが非常に悪い数字だったので待受を金ぴかの15にした。

外見的なサインより
金運アップに保湿が大事とのこと、
ハンドクリームを購入、よく塗るように。
同時にリップクリームも前よりは塗るようになった。

仕事運アップに
日記と振り返りを書く
手書きの付箋をはさむ
世界史の本を読む(今 世界史 経済編を読んでおり、これがとても面白い)

1月1日に元日の過ごし方を実行

他の運も鍛えたいので、随時採り入れ実行しようと思った。

ロシア語練習プリント

ロシア語練習プリント: 読める書ける

ロシア語練習プリント: 読める書ける

わたしは国際文化学科卒で、世界の文化に非常に興味を持っていた。
もともと中国語を勉強しており、中国語から中国の文化を知る機会も多く、他にもその国の言葉から文化が知れたら面白そうと思い、気軽に始められそうな言語を選んだ。

それがロシア語。がっつりは勉強せず、気軽にゆるくやってみたいと思い、この本を購入した。購入ポイントは超初心者向けで、文字とその読み方から学ぶこと、見やすいこと、ロシアの文字を練習するスペースがあること、それになんといっても、ロシアの文化についてのコラムがあることだ。

これがなかなか面白く、ロシアはエリアにより時間帯が11に分かれており、それぞれの時間になれば新年のあいさつをすること、国歌と大統領演説が流れること、そして、ロシアのスポーツ事情、ロシアの名前は七変化すること、ウォッカの飲み方、スイカとメロンの売られ方、ロシア人が日本語を発音したらどのような発音になりやすいか

など興味深いものが沢山あった。