読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙につながると夢はかなう

宇宙につながると夢はかなう【新装版】

宇宙につながると夢はかなう【新装版】

ああ、本に無駄遣いしたかな
けど楽しめたからいいかな

運の仕組みとは目には見えない偉大な世界を知ることから
そこが入り口

持って生まれた器の大きさは変えられないが、その器の中で最大限運を良くすることは出来る

「至福」とは、本当に運がよくなるというのは生きることの不安や寂しさがなくなり、まわりへの憎しみや嫉妬、比較、争いとは無縁、深い幸せを感じられること
今生きていることに深い幸せを感じること

強運な人は宇宙に応援されていている。宇宙に応援されていていると、まるでお膳立てされているように物事が上手く進むし、何かと繋がっているような満ち足りた感覚になる

パッと引くカードのメッセージすら偶然はない。偶然どころか、そのときの自分にとって必要な子とを教えてくれている
あなたのまわりで起こることに偶然はない

今の自分を全面的に、信頼する
宇宙からの情報を受け取れる
今の瞬間を楽しみ、日頃の言動の積み重ねを大事にする
あなたが、楽しいことが大切
楽しい振動数になれば楽しいことが引き寄せられる

ためしに今日一日のことや目の前のことを目一杯楽しもう、としてみること

すべてを本音で選ぶと上手くいく
こっちの方がいいと思う、という感覚は宇宙からの情報。この情報は大切に

良いか悪いかではなく、楽しいか楽しくないかですべてを選ぼう
気持ちが、快適になることは宇宙からのサインである
損得勘定では選ばない

言霊の力を理解し自分の吐いたマイナスエネルギーの言葉はすべて自分に影響を与えることを理解する言霊の力。人への悪口や批判、嫉妬、敵対心のある言葉、宇宙の波動から遠ざかるため注意する

人への言葉が、そのまま自分に返ってくる
人へのマイナス言葉を口にし不幸になるのは言っている本人だ
マイナスの感情も感じるのをやめる
やめる、と思うだけでOK

魂が本当に喜ぶことをしている人は、流れに身を任せるだけで上手くいく
表現方法も自分のやりたいように表現してOK。伝えたいことが、どんな表現でもOK。たとえば山に登りまくるというのも表現のひとつ。

口ぐせを意識して変える

人生は夢への途中を楽しむためにもある
今のあなたに夢があること自体に感謝する
夢が実現したところを想像して、どんな様子で実現するのかまわりの人がどんな風に喜ぶのか生活や気持ちが、どう変化するのか、実現したときの自分自身の気持ちを想像してみる

心を実現したつもり、にさせてみる

夢への実現をイメージしていくと、今のあなたに足りないもの、勉強の必要なものが集まり、しなくていいことは見直させられるようなことが起こり始める

自然の流れに身を任せる
執着はしない

夢を思い付いたということは、あなたはその夢が実現出来るということ。過程を楽しむ
安心する

ふと思い付いたことをやる
分かれ道は、それを実際にやるかどうか。ふと思い付いたことを、すぐにやってみる
そうだ、○○さんに電話しよう→電話する
そんな感じでOK
ふと思い付いたことは未来に対する予知でもある

自然のパワーを、取り入れる
「気分が良くなる」のは見えないレベルで確実にあなたが浄化されているということ

自然のパワーはすごい

人間関係が上手くいかない人は身近な縁から大切に。まず自分、そして家族を大切にするところからはじめてみよう

当然だけど、怒りや悲しみ、嬉しい楽しいといった感情を感じることが出来るのは生まれてきたからこそ。

不快なものには意識を向けない
例えば他人のストレスや不満のエネルギー。これはシャットアウトでOK。不満を持つ人には出来るだけ近づかない
影響を受けても、私には関係ないとはっきり思うこと。

勝手に入ってくるマイナスの情報を受け取らない
ネガティブなニュースなど。心をいためない
実際に助けるために募金したり行動したりするならまだしも、かわいそう、かわいそう、と思うだけなら見る必要なし。

また、わざわざ不安になることは考えない
ゴルフをしているとき、あの池に入ったらどうしよう、などとは思わないこと

過去の思いは解放して執着を手放す
怒りや悲しみの感情は蓋をせず、その場で感じきる。過ぎたことは今のあなたに何の関係もない。
もしまだその出来事から感じる悔しさ、寂しさ、無念さ、悲しさなどがあるなら、一度とことん感じきる。正直に

自分も他人も幸せになることを考える
→競争して幸せになるのではなく、まわりと協力する
→自己犠牲もだめ。まずあなたが幸せに

出せば入る
自分のところに溜め込まない
→情報を仕入れたら、それを出す
楽しい情報は周りとも共有する
出すと運の詰まりがとれ、流れが良くなる
縁があって来たものは自分のところへ溜めず流す

掃除をして気の流れをよくする
淀みを流す
掃除をすると新しい動きがある
生活している場所に不要なものが山積みだと、あなたのまわりで起こることの流れも悪くなる
みんな繋がっているから。

つまり、や滞り、は流れを悪くする

逆にいうと、汚くてゴチャゴチャしているところをきれいにすると、あなたが抱えるゴチャゴチャした問題も整理されて解決策が見つかったり、タイミングの良いことが起こる
掃除と抱える問題も全てが繋がっている

行き詰まりや新しい流れが欲しいときは
まず部屋の掃除をする
要らないものの処分は効果的
部屋を快適に、居心地よい空間に整える
居るだけでホッとする空間、見るだけで穏やかな気持ちになるもの、楽しい気分になるもの、で満たす
インテリアにも気を配る

シンクロニティも情報として受けとる
これが起きるときは、あなたのタイミングもどんどん良くなっているということ、その方向でいいですよ、という宇宙からのサイン

シンクロニティは焦っているとき、イライラしているとき、不安なときには起こらない。タイミングが、悪くなっているため

あなたの心の波動がイライラしているときはそういうコトやヒトを引き寄せやすい

運が悪いときのチェック項目
不平不満を言ってなかったか
うぬぼれ、人を見下す態度を取ってなかったか
ひとつの考えに固執し周りが見えてなかったか
お金や人間関係に間違った価値観はなかったか
憎しみや嫉妬が原因で動かなかったか
損得勘定だけで相手に近づかなかったか
もっともっとという欲がありすぎなかったか


意識的に魂を高揚させる
心打たれる技術や芸術、音楽や絵、映像、演劇に触れ人生は素晴らしいと思えるものに沢山出逢う

タイミングが良いときは人や時間が噛み合ったとき。目に見えないものが、沢山支えてくれている
日々の生活のバックに物凄い数の応援団が控えているということを知る

体調を整える
小さなことは、どっちでもいいと心の余裕を持つ
強運な人は小さなことに、いちいち動じない

流れに乗る人は偏見が少ないので今必要な情報をいつでもあらゆる方向からキャッチ出来る

動きがないときは、待つ
本当にこれでいいのかと思うときはマッサージで凝りをほぐしたときの、もみ返し、つまり好転反応の可能性も。

素直になり本当にためす
純粋に喜ぶ
今の環境にも感謝する


宇宙に繋がるコツは
今の自分が一番やりたいことを優先させる
やるべきことを優先させる人は、考えて。それは来週中でも良くないか?明日でもいいのでは?そもそもやる必要、あるの?

やるべきことはやるべきことと思い込んでいることに過ぎない
そのときに、気の休まることを優先させてやっていくと明らかに直感が、冴え渡る
心の本音こそが直感だ

今居る場所をパワースポットに、変えていく
朝起きてすぐ、目にするものがゴチャゴチャした部屋か自分の気に入ったものばかりか、では受けとるエネルギーが、変わる

掃除は見た目の効果以外に動いていない場所の気を動かすという面で全体の流れを良くすることにも繋がる

モノのエネルギーや波動など目に見えないものが見える人によると部屋を愛する人は部屋からも愛されオーラが輝いているらしい。

そして苦手なモノやヒトからは離れていい。会うと気持ちが沈んだりモヤッとしたり、そう感じる人とは距離をおく

人生で起こることの全てを味わい楽しみ、生きるってなかなか面白いと感じること

運がよくなるおそうじ風水

お金と幸運が、次々舞い込む! 運がよくなるおそうじ風水

お金と幸運が、次々舞い込む! 運がよくなるおそうじ風水

マンガで分かりやすく書かれている本。招き猫みたいなキャラが、ルームシェアをする不運続きなA子さんB子さんのもとへ訪れて、開運のための行動を促して行く本

例えば
元カレにもらったものや、自分の気持ちをガクンと下げるものは処分しましょう

中古商品はどんなに新品みたいでキレイでも、前の持ち主の念みたいなのがあるから避けましょう(ただし、前の持ち主が幸運なら使っても可)

三年使っていないものは捨てる

など招き猫みたいなキャラのいうことを守り実行していくマンガ。
幸運とかかれた幸運キャラが物で溢れた部屋で右往左往し、結局その部屋を素通りしていくような描写にドキッとした。

三年使っていないものは捨てる

これは効果がありそう。でも自分が持っていてワクワクするものは残す

A子さんとB子さん、会社二大モテ男さんから告白されたり、望んでた仕事に就けて抜擢されて昇進したり、最終的に幸せになっていた

宇宙からのサイン

運がよくなる宇宙からのサイン―――あなたにもサインは来ている

運がよくなる宇宙からのサイン―――あなたにもサインは来ている

今世の中はすごいスピードで変化している 
これは数年前から肌で感じていたことだ。
政治や経済、家庭に教育、結婚や出産、暮らし、すべてに、あらゆる選択肢が生まれている。

数年前の常識は、もはや今の時代の常識ではない

昔は世間の常識や社会で言われる「これが幸せ」に従っていれば良かったこともあるが、これからはそうもいかない。
自分の「心の感覚」で選んでいない人が多かった。本音ではない生き方に苦しさを覚え、本音で生きることにより新しい暮らしの価値観の多様性が生まれた。

これからは
「好き」「ワクワク」「居心地よい」で選んでOK

→また、耳あたりのよい言葉が並ぶ。しかし上記の記載が本当だなあ、と思うことも多々ある。
私がこども時代の常識なんて、今の時代から見たら何で?と思うことばかり

例えば
・お昼寝の時間というものが保育園時代にあり、寝ない子は布団と子供ごと公園へ放り出された。
→今の時代にこれをやると、虐待として訴えられるのでは?
・給食はソーセージ一本とキャベツの刻んだもののみ。
→あとから聞くと保育園の建て替えの資金ためと、園長先生の選挙のための資金確保だったらしい。今の時代にこれをやると、たちまちニュースにならないかな?

・幼稚園の頃、かけっこが遅いと全員の前でどなられて、先生の言うスピードで走らないと延々に居残り。皆が遊んでいるのに一人だけ見せしめ練習

→あとから聞くとこの先生は自分の生活が上手くいっておらず、園児に自分のストレスのはけ口を求めて吐き出していたようだ。他の先生方も怖くて手出し出来なかったようで、毎日どの園児かが犠牲になっていた。たぶん、今の時代はアウトだろう

・小学生の頃、担任の先生が全員に激しくビンタ
「あんたたちのせいで先生の人生台無しよ!」とか叫びながら全員のほっぺをバシバシ叩いていった
→今の時代にこれをやると、きっとダメだと思われる
・小学生の頃、跳び箱が跳べないと居残りで「あなたたちの成績を軒並み落としますよ」と脅される
→今の時代、アウト

・小学生の頃、シャーペンを使っている子はこっぴどく怒られていた「シャーペンなんて小学生が使うものではありません。鉛筆を使いなさい」
怖すぎて今でもシャーペン使うときにびくびくする(もう社会人なのに)

個人情報保護法なんてなかったので自分のうちの電話番号や住所のせ放題。担任の先生に年賀状出すのは当たり前
→今はこれは当たり前ではない。社会人になり年配の方々は年賀状のやりとりしてるが、私はどの同僚の住所も知らない

・中学生の頃、髪を留めるゴムの色や服装、スカートの丈、中に着るベストの色までカッチリ決められていた
→いくらなんでも決めすぎだ。大変面倒なため、全部学校に従っていたけど、他のチャラチャラした子の服装チェックやスカートの丈チェックに時間かけすぎだ。
今の時代もこうなのか?何か変では?

さて、愚痴っぽくなってしまったが、この本の言いたいことは要するに
自分に来ている宇宙からのサインを見逃さずに、感じる力を磨こう、自分の本音で生きよう
ということが書かれている

身の回りに起こる小さな偶然を見逃さないでね
ということ

この本でインプット&アウトプットしたこと
・ふと、思い付いた方を信じる
・いつもと違う道をふと行きたくなったならそちらを選ぶと「ひらめき」に繋がるサインに出逢う
・サインに気がつくと物事の展開が速くなる
→自分にとって意味のあるサインであったことが分かる
著者の例は人間ドッグからの、思いもしなかった血糖値改善方法を発見など
・自分にとって分かりやすい形でサインは来る
著者の例は、ペンばかり拾う人がいて、これは何か書きなさいという意味か、と思い手紙やら日記やら書いてみたが、どうも違う・・・結局、作曲し、音符を書いたらしっくりきた、というもの

・掃除をすると運がよくなる
→部屋の掃除をすると、一つの部分の汚れを取ることになり、自分にとってのどこか別の部分の詰まりを流すことになり、結果的に物事がスムーズに流れる
それは、まずは自分が幸せになると、それが最終的に世界の幸せに繋がる
という仕組みと同じだ

・著者は数字が示すサインにも着目
著者の場合は「1」という数字を見たら進めというサインになるらしい
私はよく「4:44」という数字を見るが何か意味はあるかな

あと、著者は伊勢神宮伊勢神宮に関わりの深い神社によく行くことになる流れになるという

・サインを追うと自分の使命が分かる
・一人の意識レベルが上がると、周りもつられて引っ張り上がる
・本来その人の役割や使命のようなものに進み始めると、その人を取り巻く全体の流れがよくなる
・まわりの現象が表すサイン
著者の例は、高速道路で大渋滞に巻き込まれ、○○インターまで20キロの渋滞とあったが、ノロノロでも進んで○○インターに着いた→これは日常生活が上手くいっておらず、イライラ不安になっていたが、ノロノロでも進む、いつかはたどり着くという現象が表れたもの、とみなしたそう。

・気持ちが、ワクワクすることはサイン
「理由はないのに、そう感じる」「直感」と呼ばれるもの
・頭で考えるのをやめる
→せっかく誘ってくれたのだから、相手に申し訳ない
→新しい広がりがあるから行った方がいいかもしれない
→なんとなくの理由で断るのは間違いだ
モヤモヤするときは上記の頭で考えたことは無視して、心にひっかかりがあることを無視しない

・少しでも迷ったらやめる
しかし、それが頭で考えた常識的な理由で迷ってるものなのか
やってみたい→でも自信がない
やってみたい→上手くいくかな?
などの先のことを想像して不安なら本音はやりたい、なのでやっていく。この迷う感覚も見極める

・そうすべきか、ではなく、それをしたいか
・正しい条件が揃っているのに自分の気持ちが乗らないというのは意味がある
・こうすべき、そうすべき、という感覚を捨てる

・自分の気持ちが分からなくなったときは
どちらがワクワクするかではなく、どちらがモヤモヤしないか、で選ぶ

・余計な知識は必要ない。知恵と感覚と直感が大切な時代

・100%のものが来るまで流してよい
かなり近いんだけど惜しい
大体あっているけど少し違和感
こういうものはスルー。

・モヤモヤすることは考えなくてよい。
・エネルギーを満タンに

■進んで○
・それを考えるとワクワクする
・楽しくなる
・強いワクワク感
・人に反対されてもやる
・心が惹かれる
・そのことが頭から離れない
・経過がスムーズ、違和感なし 
・ワクワクするが、上手くいくかは分からない

■待つと○
・モヤモヤする
・人に勧められても条件よくてもその気になれない
・いいことなのに、やってみたいと思わない
・ワクワクしないのに頭で考えた理由で進む
・やったほうが得という欲で進む
・人付き合いを義理で選ぶ
・世間の常識で選ぶ
・経過がスムーズだが違和感がある
・理想に近いがここが気になるという部分がある


このように人それぞれでいい時代がきている
新しいものはその時代に必要なもの
オリジナリティが出てくる

今までの時代は弱点克服の教育、物質を追う時代。しかし弱点を見て楽しい人がいるか?物質を追うのは限界がないか?

居心地がいいほう、好きなほうを選ぶ
おひとりさま現象、は自立の証
あらゆる業界で、どんなに宣伝しても売れないものは売れない、本物しか残らない、という時代へ突入

精神レベルが上がるとスパイラル方式でサインの質も上がる

宇宙からのサインを日常レベルから生かして自分らしく生きていきましょう

世界で一番楽チンな奇跡の起こし方 宇宙におまかせ

世界で一番楽チンな奇跡の起こし方  宇宙におまかせ!

世界で一番楽チンな奇跡の起こし方 宇宙におまかせ!

菊乃さんの本を読み、スピ本や占い本とは決別しメイクや服装、外見に力を入れ始めた今日この頃。

しかし、ほんまでっかTVで活躍中の重太みゆきさんのプロデュースする「笑顔セミナー」に参加したり、先輩から鈴木真奈美さんのブログ紹介されて、「地球セミナー」に参加したりすると、またスピ本といわれるジャンルを読みたくなり購入。

ああ、意志が弱い…。

この本は「あなたはそのままでいいよ」と言ってくれる、読んでいて癒される本。
気を楽にして、宇宙におまかせして、自分のやりたいことをやっていって頂戴ね、そのほうが上手くいくよ、というのが大体の主旨。

思った通りの人生よりは思った以上の人生をお過ごしください

やらなくてもいいことは全部やめて、頑張らなくてもいい

理想を掲げすぎて、現状と比較して、自己否定に陥ってる人のなんと多いことか

比較せずに和が道を行こう

やりたいことはやりたい順にやり、無計画でOK

宇宙に完全にゆだね、不機嫌なときはブスッとしていてもOK

自分を大切に扱いましょう
自分を神扱いしましょう

などなど、耳あたりのいい言葉が並ぶ。確かに癒されるし、このままでいいんだ、と思えてきてしまうので少し危険だなとは思う。けど、菊乃さんの本を読んでそうだと思い込み、この本を読んでそうだと思い込み、まるで自分軸がないな。

インプット&アウトプットしたこと

・使いやすい好きなお箸でご飯を食べる
・家や部屋を清潔に保つ(自分を神として扱うため、神殿とみなす)
・一緒にいて楽しい人とだけ過ごす(変な人は必要最低限のかかわりのみでOK。スルーOK。)
・やりたいことをやりたいように
・受け取って当然という態度でOK
・自己卑下はしない
・ぼーっとする
・瞑想をする
・チラッと思うだけで願いは叶う
・執着は手放し、不足ではなく「ある」という感覚になり慣れる
・怖れない
・選ぶ

宇宙と一体化してきた兆しとは
・動揺する時間が減る
・腰が重くなかなかできなかったことがスムーズにできるようになる
・NOを、平気で言える
・人間関係がよくなる
・出会いに恵まれる
・どこにいっても親切な人ばかり
・気の合わない人が周りにいない
・心の通じ合う人ばかりになる
・今までより条件のよい仕事に就ける
・やりたいことが明確に
・宝くじなどのくじに当たる
・昇給やお金をプレゼントされたりする
・旅先で晴れてほしいときに晴れる
・以前から欲しかったものがタダ同然で手に入る
・急いでいるときほどスムーズに
・長年の悩みが解決される
・肩や首が凝らない
・景色が鮮明になる

やりたいことが分からなくてもOKだし、物事がスムーズに行き初めてもビビらないことが大切。

指南書 うのみ

自己啓発本とか、恋愛の本、メイクの本。
うのみにして、その通りにやろうとすると、
最終的に後味の悪い思いをすることがある。

例えば、知り合った人との関係で、自分の気持ちに従わず、あの自己啓発本にはこう書いてあるから、こう行動しよう、とか、あの本にはここでこんな振る舞いをするべき、と書いてあったから、その行動を丸々しよう、とか

いつも自分の気持ちが置き去りのまま、人に接したり本の通りにやるので、後からとても後悔する。
もっと自分の気持ちをオープンにしても良かったのではないか。

本より自分の気持ちに正直に行動したほうが後々清々しい気がする。

チンプイ

このマンガ昔から好きだった。
小学生のエリちゃんがマール星の王子様から熱烈に結婚相手としてお妃になってとアプローチされるお話。
エリちゃんは、マール星なんかの顔も見たことない王子様のお妃になるなんて絶対いやで
拒否しまくっていた。(しかもマール星には結婚前に王子様の写真等顔は見れないことになっている)

チンプイというマール星の未来のお妃になるその手助けをするために派遣されたキャラクターと
何とか王子様とエリさまを結婚させるためくっつけさせようという、犬のおじいさん役のワンダユウさん、エリちゃんの好きな人の内木くん、そしてその内木くんを狙うイヤミさん。
それぞれのキャラクターが錯綜して面白かったな。

唯一、エリさまがあれほど嫌がっていたマール星に嫁いでもいいと思ったのはマール星の料理がおいしすぎたとき。けど食べすぎて太ってしまい、元の木阿弥。

結局、物語は途中で終わってるんだけど、なんか面白かったお話。

世界一の美女になるダイエット

世界一の美女になるダイエット

世界一の美女になるダイエット

今口にしたものが10年後のあなたを決める

という言葉が一番こわかった。
あとは、市販のサラダには良くない精製油も入ってるらしい

アーモンドは血糖値を安定させる
意識して生のものを食べる
というのも、よいとのこと。

冷えた女性にいい女はいない
早食いはだめ→この言葉にどっきりした。早食いだからな~

ばっかり食べはだめ→この言葉にもどっきりした。ばっかり食べばかりしている

アウトプットしたことは
・アボガドは食べる美容液ということで、よく食べるようにした

・ソフトドリンクは見えない砂糖の塊ということで、あまり飲まないようにした

・アイスクリームは老化を進めるらしいのであまり食べないようにした