読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

32歳までに必ずやっておくべきこと

伝説の人事部長が明かす 32歳までに必ずやっておくべきこと

伝説の人事部長が明かす 32歳までに必ずやっておくべきこと

社会人10年目、どこでも通用する人になろう
というキャッチコピーの本。

もし22歳~23歳で会社に入っていたとしたら、32歳は丁度10年目にあたる年。「あの人と仕事がしたい」と思われる人になろう。
まず、一番に思い浮かばれる人になろう。
彼に任せればなんとかなる、と。

・どこでも通用する真のプロ
・雇われ人として与えられる仕事のみする人

二通りの道がある

→真のプロになるには?
・当事者意識
・101%を意識

大事なのは、その仕事に関してあなたがどう考え、どう動いたのか

全てを自分事として捉える
仕事のアウトプットは常に1%の付加価値をつけて

基礎はしっかり固めつつ、幅広い知識や経験も持つ
人とは違う経験を積み上げる

先輩と後輩を「納得」で繋ぐ役割も。

報、連、相、+調整力

リーダーシップなくてよし。後輩も信じてよし

何事も決断する

時間とお金を惜しまず使う、特に人間関係において。しかし人を見る目を養おう

先回りする

無駄なこともやる

効率的でなくてよい、オンとオフはごちゃまぜでよい。ただし自分を磨く時間と趣味の時間はブロックしておき、休みをとってリフレッシュもすること

ジムに通う(仕事のできる人は運動の大切さも知っている)

32歳で知らないと恥ずかしいこと
・今の社会情勢
・一般教養
・政治の流れ

アウトプットの習慣をつける
一流のものにお金をつかう

自己点検を、怠るな
まずは赤の他人に自分の仕事を説明してみる
あなたは、今の会社では「ものすごくできるひと」で通ってるかもしれないが、他社ではそうとは限らない。逆もしかり。

他社のせいにした時点で全て終わり。困難に立ち向かおう

感想→この本は、やる気を出したいときに読むとよい本だ。自己啓発本