読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たら福まん腹台湾

渡辺直美のたら福まん腹 台湾 ワタシ、地元ダカラ、穴場、知ッテルヨ!

渡辺直美のたら福まん腹 台湾 ワタシ、地元ダカラ、穴場、知ッテルヨ!

渡辺直美さんがチャーミングに台湾を紹介している本。
インプットしたこと
・渡辺さんは台湾とのハーフの方で、台湾の新北市(?)に親戚のおばさんが住んでいる。そのおばさんに行き付けの台湾の美味しいお店に連れていってもらっている

・親戚の方々とは言葉は通じない

・食べ頃マンゴーの選び方(より赤みがあるマンゴーが食べ頃)

アウトプットしたこと
・この本で紹介されている苦茶之家というお店に行き、漢方が36種類入っている激苦のお茶を飲んでみた。見た目は真っ黒。漢方が濃厚、という感じ。
飲んで一口。
マズーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!
苦すぎます。何度も吐き出しそうになりながら何とか全て飲んだ。次の日お腹の調子が良くなった気がした。

・阜杭豆浆という朝ごはんの定番のお店に行き、朝から長い列に並んだ。そして豆乳と豆乳に具材が色々入ったスープと卵入り中華パンなどを食べた。揚げパンでサクサクしていて、とても美味しかった。店員さんたちは物凄く忙しそうで無愛想だったけど、味はとても美味しかった。この本の写真つき頁を見せて「この朝ごはん一式」と言ったら、すぐ用意してくれた。

・フルーツのお店の「天糖」の姉妹店の双妹サンというお店に行き、この本に載る「天糖」はどこか聞くと中国語で、この店は倒産した、と言われてしまった。

・足裏マッサージのお店の知足民俗調理というお店に行った。お客で賑わっていたがお客は100%日本人だった。3時ごろ行ったが満席で一時間後に予約して店を出た。そして一時間後、日本でいう町医者の医院みたいな扉、部屋の様子とは裏腹に、日本人の若い女性で満室。そしてマッサージしてくれる人は台湾の方々。経験したことのない各方面から色々な方向から来る気持ちよさ。深く浅く、広く狭く、色々なアプローチで足の裏のマッサージをしてもらった。
実はマッサージは色々行くが寝たことはない。しかしここではあまりの気持ちよさに寝てしまった。足裏だけで、こんなに気持ちのよいマッサージがあるとは。やみつきになりそうだ。

・冰讚という毎年4月から10月のみやっているマンゴーかき氷のお店に行った。ここも日本人100%だった。隣の席でマンゴーかき氷を食べているカップルも向かいの席の小学生二人の子ども連れ家族もお客は全て日本人。ここのマンゴーのかき氷、マンゴーの味がしっかりしててとても美味しかった。台北では今のところ一番かな。
(実は婆婆氷という台湾の高雄で食べたマンゴーのかき氷が今のところ一番お気に入り)

・バラマキ用のお土産を買うためにかるふーると頂好スーパーに寄った。(スーパーの紹介頁がある)

中山駅周辺の地図は大活躍だった。