138億年の大宇宙

Newton別冊『138億年の大宇宙』 (ニュートン別冊)

別冊ニュートン。2018年版。宇の章と宙の章に分かれている。

宇の章
・地球の属する太陽系の惑星や主な衛星の紹介

・太陽系に最も近い恒星であるケンタウルスープロキシマ星(約4,22光年)

・太陽系の属する天の川銀河系とその成り立ち

天の川銀河の中心部のバルジと呼ばれる部分とブラックホールについて

天の川銀河の隣の銀河である、アンドロメダ銀河など他の銀河の様子

天の川銀河系の属する銀河群、銀河群と銀河団の違い

・銀河群や銀河団の外、何億光年も空いている空間ボイド


・太陽ぐらいの大きさの恒星の星の一生→赤色巨星になり徐々に周りの星を飲み込みガスを放出、最後は白色矮星になる

・太陽の8倍以上の恒星の星の一生→最後は超新星爆発を起こす


宙の章
・インフレーションからビックバン、素粒子が飛び交う世界から水素やヘリウムが出来、徐々に徐々に恒星を成す。このような恒星をファーストスターと呼び、それが一生を終えて超新星爆発を起こす。
このときに炭素などの原子が出来たので、わたしたちの体も、何十億年も前の星屑で出来ている。

素粒子や原子の世界から宇宙を解明する研究が続けられている。

電荷だけ違う見た目が同じの物質と反物質は同等の数出来たが、物質と反物質は出合って触れると相殺される。

反人間も原理としては作れる。反人間と人間が握手すると爆発してお互いに消える。

未だに解明されていないダークマター暗黒物質の謎にせまる。おそらく、これらがないと今の物質に満ちた世界にはなっていない。

138億年前に放たれた光が138億年かけて地球へマイクロ波の電波として届いている

ニュートリノの検出で有名になった装置の後続機、スーパーカミオカンデで陽子がつぶれる様子を待ち、観測中。陽子は寿命がおそらく10の34乗年でいつになるか不明。

・・・興味深い話ばかりだった。この雑誌は村山斉さんの書いた『宇宙は何でできているのか』の新書を読んだあとに、最新の様子を知りたいと思い探したもの。
書店店頭で村山斉さんの名前で検索して最新として出てきた本がこの別冊ニュートンだった。
太陽系→銀河系・・と広がっていく様子の本は何冊か学生の頃に読んでいて興味があった。前に読んだ本と最新の本では明らかになっている部分が追加されており、もっと知りたいと思ってしまった。

宇宙は何でできているのか

宇宙は何でできているのか (幻冬舎新書)

化学・数学・物理学に長けている人が読んだらもっと面白いのでは、と思った本。

とはいえ、文系のわたしも大筋は理解できて宇宙への興味がより深まった本。

宇宙は、太陽系→銀河系→銀河団・・・と広がっているのは知っていたが今でも膨張が続いているとは。しかも加速しながら。

望遠鏡で137億年の世界まで分かってもその先が分からないから、今度は宇宙ができた頃ビックバンの頃に立ち返り、そこから理解していく研究が今でも行われている。すなわち、宇宙ができた頃の様子を一部加速器で再現して、素粒子の研究が行われている。マクロの世界からミクロの世界へ。今度は顕微鏡で研究が行われている。

左右は、どちらでもいいわけではない!?
鏡の世界は現実の世界と左右が逆なだけで同等と考えられてきたが、ほんの僅か異なる。これは重要なこと。少しでもズレていると全く違う世界になる。

物質は反物質に出合うとぶつかって相殺され消滅する。ビックバンのとき、物質と反物質は同じだけできたはず。質量が同じなら、この二つは相殺されて全て無くなるはずだが、どういうわけか、物質の方が10億分の2多い。その僅かに残った物質のお陰で、物質から成るわたしたちは生きていられる。

実験で反水素を作ることに成功している。

理論的に超ひも理論は存在できる。5次元以上の世界がある。

暗黒物質、暗黒場、まだまだ宇宙はわからないことだらけ。

45億年後に銀河系はアンドロメダ銀河と衝突するが、太陽が水素を燃やし尽くすのも45億年後。地球はのみ込まれる。どちらが先か微妙なところ。

↑上記、面白いと思った箇所だ。解明されたらどうなるんだろう。わたしたちの体が超新星の爆発の後の星屑で出来ている(炭素は超新星爆発でないと生まれない)なども面白かった。
重力、電磁力、強い力、弱い力
この4つの力をどうにか論理的に統合させたいという願いがあることもわかった。

かなり気になる日本語

かなり気になる日本語 (SB新書)

厚切りジェイソンさんの新刊ということで、本やで見つけた本。補充シールが貼られていた。わたしの中で、この補充シールは「当たり」の本とみなしている。
面白いから売れているんだろうな、と思うから。

厚切りジェイソンさんの母国アメリカと、そして日本との違いについて書かれていた箇所がいくつかあったのが良かった。

たとえば、日本人は相づちをよくうつが、アメリカではそんなに相づちをうたない。厚切りジェイソンさんが、日本でアメリカと同じように電話に出ていたら通話相手が、ちゃんと聞こえているか心配したそうだ。


アメリカでは児童でも学生でも、常に
「あなたはどう思いますか」と聞かれ自分オリジナルの意見を求められるが、日本では相手の気持ちを察したり、型を学んだりする方が多い。

履歴書にしてもアメリカは過去に何をしてきたか、今何をしているか、を基準に聞かれるのに日本では趣味・特技の欄がある。

日本語はひらがな、カタカナ、漢字の三種類の文字があり、小学生でも使い分けているのは尊敬してしまう。

一人称にしても英語は「I」のみだが、日本語は私、僕、俺、わたし、あたし、うち、おいら、我、朕、拙者と数が多い。

日本語と英語の同音異義語も紹介。
日本語 移動、異同、異動
英語 hour our など

アメリカには日本のような伝統野菜(三浦大根、淡路玉ねぎ、九条ネギ)などは存在しない。大きければよい、という考え。

アメリカの中華レストランより日本の中華レストランの方が美味しい。

曖昧模糊な日本、契約社会のアメリカ。契約書の小さな文字まで確認する。

所属により言い回しが異なる英語。アメリカ英語にするのかイギリス英語にするのか専門を決めるとよい。どちらかを専門にするとコミュニケーションが円滑になる。
たとえば、
秋・・fall アメリカ autumn イギリス
サッカー soccer アメリカ football イギリス

など。


日本に方言は存在するがアメリカに方言は存在しない。標準的な英語は通じる。ただ話すスピードは違う。ニューヨーカーは早口で田舎の人はゆっくり。

新年によくある抱負や、座右の銘について宣言するのは何故か。アメリカでは心の中に秘めておくもの。


日本の顔文字とアメリカのアスキーアートについて。アメリカのアスキーアートは本格的なアート路線のものが多い。


著者が
日本で知ったこと・疑問に思ったことの数々について

よろしくお願いします
には様々な意味があることを、知ったそう。

また、空気を読む、というのが難しいそう。

信号は何故赤黄青か。緑ではないのか。

擬音語・擬態語が難しい。音がしないのにキラキラは何故言うのか。

擬音語に関してはアメリカと似てるところもある。時計のチクタクや、犬のワンワンなど。

送り仮名が、ややこしい。上がると上るで読み方が変わる。

こんなに沢山必要?日本語の感嘆詞
まあ!、ああ!、なんと!、うわぁ!、へえ!、ほお!いやはや!本当?マジで?など

カレーでいい、カレーがいい
助詞ひとつでニュアンスが変わる

どうして「足を運ぶ」というのか。最初文字どおりグロテスクな光景を想像してしまったそう。

腐っても鯛?腐ったら食中毒を起こすだろう?

和製英語と英語は別物。ノートパソコンは、ラップトップというし、コンセントはソケット。リサイクルショップはセカンドハンドストア。

どこの馬の骨かわからんようなやつに、娘はやれん!の馬の骨って一体?

男一匹、って?

曖昧模糊の模糊はどこへ消えた?

楽ちんの、ちんって何?

ちんまりの、ちんとまりの関係は?

合点は合点承知の助なのに、どうしてフルで言わない?

ドタキャンって土壇場キャンセルの略なのか!


本を読んでみての感想。日本語教師の勉強をしたことがあるが、それとはまた違う目線からの本書だった。言われてみればそうだな、と思われることの数々。何気なく毎日使ってる日本語だけど母語が違う人から見たら色々不思議な点が掘り出されて面白い。そんなの考えたこともなかった。
別の視点から当たり前と思っていたことにメスが入れられると面白いな、と思った。

後悔しない 超選択術

後悔しない超選択術

わたしは、優柔不断である。さんざん迷った挙げ句買わない商品を、後から欲しいと思い、売られていた同じ店に行くも期間限定でそこに置かれていた商品でもう無かったり、参加したいイベントに行くか行かないか迷った挙げ句、数年遅れでやっと参加したり。
最初に買っておけば、最初に参加しておけば確実に労力が減り最初初期メンバーということでメリットもあっただろうに。

モノを買うか買わないかで非常に迷うのは断捨離のせい。断捨離してあまりモノを買わなくなったが、買わずに後悔、も多い。
イベントにしてもそうだ。

さて、ほとほと優柔不断をどうにかしたいと思っていた頃に出合った本が本書だ。

DaiGoさんのYouTubeはよく聞いているし本も結構読んできた。


この本によると選択には
合理的スタイル
直感的スタイル
依存的スタイル
回避的スタイル
自発的スタイル
があるらしい。まず、自分がどれに当てはまるか知るところから。

合理的スタイルの人が後悔しない選択をしやすいとのことで、合理的スタイルに近づく5つの習慣が載っていた。

・自分のした選択について振り返り評価する
・楽をしない
・長期的に考える
・選択時の自信過剰、楽観的傾向を意識、小さな小テストを行う
・過去の経験、失敗から学ぶ

マキシマイザーとサティスファイザー
完璧主義か完了主義か

これについては自分のタイプを診断できるため、やってみることにした。

問1、YouTubeを見ていてそこそこ面白いのに、もっと面白い動画がないか検索してしまう

→当てはまらない

問2、今の仕事に満足していようがいまいが、常にいい職場を探すのは当然だと思う

→どちらともいえない

問3、友達や友人にあげるプレゼントに悩むことが多い

→やや当てはまらない

問4、DVDをレンタルする際、自分にとっての最高の一本を選ぼうと思い選ぶのに苦労する

→当てはまらない

問5、何をするときでも自分の対して最高の基準を定めている

→当てはまる

問6、買い物や食事のメニュー、恋人選び、仕事選びなど2番目にいいもので妥協したことは一度もない

→まあまあ当てはまる


わたしの結果はマキシマイザー的な傾向を持つサティスファイザーだった。強い執着やこだわりを抑制するとよいらしい。

合理的トレーニング法
ペンとノートを用意。今日あなたが行った選択について振り替える

自分の選択について満足度10点満点で評価する

なぜその点数になったのか理由を書く

視点を変えて、あなたが行った選択を長期的に見た場合のメリットを評価

わたしの場合。
ピアノのレッスンに行き先生に仕事の様子を伝えた
2点 愚痴になったから。
先生も私もピアノ自体の勉強が減ったから長期的によくない。愚痴はクセになる。誇張表現もあった。反省。
ピアノのレッスンに行く
10点 小学生がわたしと連弾したいと言ってくれたそう。また次回のわたしの演奏を楽しみにしてる方々がいるそう。
長期的によい。なぜなら、堕落しかけていたピアノの練習に関してやる気が出たから。次の披露のとき新たなチャレンジになる。

美容院に行く
5点 シャンプーがめんどくさいという、それだけの理由で当日予約で行ったから。しかもまた営業トークに乗ってしまいトリートメントを購入してしまった。
今日の選択に関しては長期的にあまりよくない。自分でケアしたほうがよい。美容院に行くことで髪が整ったり癒されるならよい。

荷物多目で出発
1点 自分にまた期待して英語の本、中国語のドリル、手帳、人生の本、決断すべきチラシ数枚、書こうと思っている手紙など鞄に詰め込んだが結局どれもやらなかった。鞄が重いだけだった。
長期的に見てよくない。優柔不断で決断ややることを先伸ばしにしているだけだ。

ぬりえで楽しむ世界~
という本を色々な書店で探しまくった。
1点 セブンイレブンで見つけた旬のときに買えばよかったのに。そのときは要らない決断をした。あとから欲しいと思っても雑誌は後から売ってないこともある。
長期的に見てよくない。最初から買うか、どうやら実店舗に無さそうだと薄々感じ初めているなら、オンラインショップを利用したら良かった。



その選択、本当に自分で考えて決めた?
人は衝動には抗えない。衝動や誘惑に抗って冷静な判断が出来る確率50%。
誘惑に負けてしまいそうになる場面の対応も考えておく。

自分の時間感覚を過信しない
まさしく今日のわたし。鞄に出来ると思ったタスクを詰め込んでいた。

三者目線で見てみてアドバイスする

未来の自分を想像してみる
わたしの場合。

近い過去の自分について考えてみる
→今日の午前中はピアノのレッスンに行った

近い未来の自分について考えてみる
→明日の午前中はダラダラしてそう

遠い未来の自分について考えてみる
→こうなっていたら最高なのに、という夢はある

今の自分について考えてみる
ブログを一生懸命書いている
意味あるのかな
文章力付くかな


この選択により
10分後は?
10ヶ月後は?
10年後は?
と考えてみること。


プランやコストを明確化する。脳は明確なプランに従うように出来ているから。
ただ漠然と資格試験勉強を30分する、という計画だけでは挫折しやすい。家に帰ったら机に真っ直ぐ向かっていきバックを置き服を着替えてそのまま座り○○という教材の○ページからやる
と具体化しておく。手順を明確に。それを書いた紙を見返すと脳はそのプランに従ってくれやすい。

自分で決めた行動を自撮りして眺める
三者的目線で合理的選択かどうか見極められる。

習慣化
いつどこで、何をどのように行うか具体的に計画する
一つの行動に的を絞る
習慣が自動化するまでは一定の時間がかかると心得る

選択時は違う立場にたち、考える
本を読むなら、その本の反対意見の本も読む。

難しい選択は午前中
選択疲れのない午前中に行うとよい。朝にその日の行動を決めてしまう。

朝のゴールデンタイムにやるとよいこと
紙に「今日やるべきこと」を6つ書き出す
その6項目について重要だと思われる順に番号をふる
このメモ順に従って作業を進める
もし全部できなくても悔やむことなく忘れる
翌日新たな6項目をメモする
これを繰り返す



不安対策をしておくこと。ストレスが大きいときに大切な選択をしないこと。

ストレスチェック
よく風邪をひく
→NO
夜、眠れないことがある
→NO
肩こりがひどい
→yes
手が震える
ーyes
息苦しくなることがある
→NO
片頭痛がする
→NO
手のひらや脇に汗をかくことが多い
→NO
胃が痛い
→NO
吐き気がする
→NO
電話に出たくない
→yes
メールを開きたくない
→NO
布団から出たくない
→yes
いつも眠い
→yes
気持ちが晴れない
→NO

わたしの場合は、軽いストレスがある、だった。

基準を決める
→買うものを書いたメモを持ちスーパーに行く、というのがそれ。空腹で無計画のまま行くと買いすぎる傾向が。またレストランでもあれもこれもと空腹で注文してしまいがち。途中でお腹いっぱいになり残すことになる。最初から並盛だけ、など決めておく。

サンクコストバイアスにも気を付けておく。


感情知性→感情の粒度を高める→外国語学習で日本語にない感情の表現を学ぶのも効果的。

1日再構成法→1日のうちに行った選択の中で、自分が本当に幸せを感じた選択はどれだったか記録し続ける方法
トーナメント方式
プチ断食
コアバリューノート

ゼブラ完全ガイドブック

ゼブラ完全ガイドブック ([実用品])

書店で本を物色していたら、たまたま出合った本。ボールペンの類は沢山持っているので、もう不要だとは思いつつ、付録のボールペン5本に魅せられ購入してしまった。
マッキーとSARASAのボールペンを配合したデザイン、あと「みえるみえる」のCMでおなじみのボールペンとのこと。みえるみえるは知らないが、目玉がキョロキョロしてそうなデザインだった。

書き味さらさら。よい感じ。この雑誌も面白かった。SARASAが46色出しているということで、2017モデルの一色増えた?、47色ボールペンセットを買ってしまった。ボールペンなのに47色。アメリカのニューヨークで買ってきた塗り絵に使ってみると塗りやすいこと。さらさらしている。

勿論、雑誌自体も面白かった。折れないシャーペンの開発や、今までのゼブラの歴史、商品、社内の人が使っている自社製品のペン、歴代の発売されたペンたちのラインナップ、工場見学の様子、海外のゼブラペンと日本との違い、社長との対談、
などなど。読み進めるうちに、ついゼブラのペンを買ってしまいそうになる。
ボールペン自体がいつ生産されたかの見方が参考になった。古ければ、やはり書きにくくなってしまうらしい。

この雑誌がもう、ゼブラの広告だと思う。まんまとひっかかってしまった。

読書する人だけがたどりつける場所

読書する人だけがたどり着ける場所 (SB新書)

面白くて一気に読んだ。ここで紹介されている本は名前は知っているが、読んだことのない本ばかり。
かろうじて読んだことのあったものは

源氏物語の一部
檸檬
こころ

のみであり、しかも読んだのは全て学生時代だ。

読書すること自体は大好きなので早速古典を探しに図書館に行くことにした。

カラマーゾフの兄弟
ドンキホーテ
人間失格

などを借りれた。また本には載ってないが三国志西遊記、それをお金で買いますか
なども借りた。

流行り本も漫画も積極的に読め、ということだったので紹介されていた
ホモデウスや、大家さんと僕、帝一の國という漫画も読んでみたい。

トイ楽器の本

トイ楽器の本 眺めてかわいい、弾いて楽しい魅惑の音色たち

トイ楽器の本 眺めてかわいい、弾いて楽しい魅惑の音色たち

トイ楽器の奥深さがよく分かった本。トイピアノというより、超小型のピアノと言ってもいいと思えるものもあった。

びっくりしたのは調律だ。ドの鍵盤からソが出るなんて絶対音感を持ちピアノに慣れ親しんでいる身としては、それは演奏が難しそうだ。
他にも調律がテキトーなものがあったり、ファソラシドの鍵盤が二つ分ありドレミは一体どこ?と思うものがあったりして面白い。

Jaymarのフォルムのかわいいアメリトイピアノ、調律は甘いけどSchoenhutの真っ赤なトイピアノがほしくなったかな。日本の現行品のカワイ、ピンクのトイピアノもいいかも。

Schoenhut 1950年代ものは移調されて弾きにくかったので著者の友達のカフェにディスプレイされているとのこと。大阪のcafe marthaだそうだが見に行きたい。

michelsonneのフランスの仕舞えるピアノもいい。

もちろんこの本はトイピアノだけでなく、トイオルガン、ハーモニカ、トイアコーディオン、グロッケンとシロフォン、ベビートイ、バーディー、ノイズメーカー、リングアンドベル、スクイーキー(押したらキュイッと鳴る子どもの頃遊んだアヒルなど)、ホイッスル、トイパーカッションなど楽器でもありオモチャでもあるようなものもふんだんに載せて紹介されていた。

見たことない楽器も沢山あった。著者の方がこれらを使ってCDを出されているのが凄いと思う。