中学3年間の英語

安河内哲也の7日間で「中学3年間の英語」復習講義スーパーCD付き

小学5年生から英語を習っていた。5年生の頃~中学3年までは、英語はとても面白い教科だと思っており、先生と簡単な英会話をするのも楽しかった。

しかし。

高校に入り、高校での英語の授業がつまらなくなり、どうにも楽しめなくなった。文法が難しすぎる。良かった成績はどんどん落ちる。それでもこの頃、何とか英検準2級には合格した。

大学入試では英語が必要だ。必要だから仕方なく勉強し、国際文化学科に入った。
やはり国際文化だからか、英語は必修で多目に単位が必要で、世界の文化を学びにきたのに、やっぱり国際化=英語
なのかなぁ
と漠然と思っていた。第二外国語に中国語を選び、それは断続的に続けている。

英会話自体は好きだし、大学生で初めて行く海外でも役に立つはずだ。国際文化学科での単位を取るためにインドやら中国やら二週間~一ヶ月だが文化と語学を勉強するために行った。インドで英語が必要なのは分かったが、中国でも中国語が出来なければ英語に切り替わるのが分かり、やっぱり必要だな、と学生の頃は思っていた。


社会人になり、英会話サークルに入ってみたが、入ってすぐ廃部になってしまった。その後、有志の英会話に入ってみたが、レベルが高すぎて私にはついていけなかった。その有志もリーダーが会社を退職したことで無くなった。

相変わらず、中国語は再開し、学び続け、香港、マカオ、台湾や中国でどこまで理解できたか試しには行くが、英語が必要な場面にも出くわす。去年中国でホームステイしたときに、25歳ぐらいの女子たちとカフェをした。わたしの中国語がままならないのを見て、彼女たちは英語に切り替えた。彼女らは、英語も上手だったが残念ながら、わたしは聞き取りで精一杯だった。

今年に入りモロッコへ行った。アラビア語とフランス語が公用語で、北はスペイン語も通じるとあったが、英語は必要ないと思っていた。
とんでもない。
露店商のおじさんは英語がペラペラだった。
一緒に行ったツアーの人たちも英語ぐらいしゃべれるわよね、とモロッコの人たちと英語で会話していた。

わたしは英語は元々好きだったはずだ。もう一度学習してみようと四年前にも思って本を買ってたことを思い出して、引っ張り出してきたのが本書。

小学生から習ってきたこととも被る、中学レベルの英語だったので懐かしく思いながら勉強できた。読みながら、そして勉強しながら、過去の英語の教室のことを思い出した。この本は全ての基礎が理路整然と記載されていて分かりやすい。本当に総復習になった。
2日で読みきれて、問題もやりきれたので達成感にも包まれた。次のレベルの本に進みたい。そして基本に立ち返るときに本書を活用しようと思う。

Nのために

Nのために (双葉文庫)

小説を読むのは久しぶりだ。この本は前に本屋で買おうとしたこともある。
しかし借りることが出来て、読むことにした。
湊かなえ の本を読むのは二冊目。

一冊目は「告白」。
強烈な読後感だったから、今回もきっとそうに違いない。しかし今回は少し違った。

登場人物たちは、それぞれの視点から一人称で事件や事件に至るまでの経緯を語っている。
そこから浮かび上がるのは、Nのためにそれぞれが奔走したこと。Nのためを思ってやったこと。

同じ事件を語るのに、それぞれの視点でこうも違うかと言うことと、一番はじめの証言は事実とは違うとあとから分かる。嘘をついている人がいることも。語らなかったこともある。
そして淡い恋愛小説のようでもある。

虐待を受けてきた人。夫からDVを受けている人。父から家を追い出され愛人に土下座し心が壊れかける人。色々いる。

読めば読むほど謎が深まる小説、つい読んでしまった。たまには小説もいいかもしれない。

脳が認める 外国語勉強法

脳が認める外国語勉強法

単なるHOW TO本かな、と思いきや。
とてもためになる本だった。
飽きずに最後まで読めたのにはびっくりした。

単語の覚え方、海馬で覚えたものを扁桃体へ通し
脳に定着させるのに一番良い方法をこの本で知れた。

反復練習が大事なのは分かるが、覚えたことは、忘れる直前にもう一度、覚え直すことが定着率がよく、それを月単位、年単位で何度も繰り返す。
忘れる直前、というのが重要だ。

そして、フラッシュカードも自分で作成する。
これにより、より外国語が自分のものになる。このカードには画像と音声データも付ける。国際音声記号も場合によってはつけるとよい。
ここで紹介されていたツールをわたしも使ってみたいと思う。例えばAnkiというアプリ。便利そうだ。

あと、覚えたい外国語に性別がある場合の覚え方=ニーモリック化もなるほどな、と思った。試しに母語に訳された単語をいくつか性別のみ、このやり方で覚えたら、数分で覚えられた。

英語を母語とする著者にとって、覚えやすい言語、覚えにくい言語とある。それがレベル分けされていて、一番難しいのはレベル4。日本語はそのレベル4に入り、更にレベル4の中でも極めて難しいとあった。
にもかかわらず、著者は2017年12月時点でドイツ語、フランス語、ロシア語、イタリア語、スペイン語ハンガリー語に加え、日本語もマスターした。

この本に沿って勉強していけば、いくつか言語をマスターできそうで面白そうだ。早速英語と中国語から試してみようかと思う。

JJ 2018年9月号

f:id:minako614i37milkyway:20180801000246j:plain

ミーハーなことがしたくなった。
そもそも本屋には毎回立ち寄るが、化粧品の本ではなく、パズルの本を探していたし、あまり雑誌コーナーには立ち寄らない。

なのに、書店の美容コーナーの河北メイクの本が気になりだし、いやいや、こういう本は今はいいけど、来年は本の中身の化粧品だって流行りじゃなくなってるかもしれないじゃん?
と自分につっこんでいた。

ならば、より最新のメイク本を買おう。さっきから気になる河北さんの最新本は?

→検索→

JJがヒット。しかもニキビやシミを隠す2wayのブラシが付録とある。
店をぐるぐるして迷った挙げ句、少し読者の年齢層とは違うが購入してみることにした。

雑誌を丹念に読み込むのは懐かしい。中身のモデルは皆キラキラしてる。

何だか楽しい気分のまま、河北メイク特集へ。
眉の書き方、ニキビやシミの隠し方、目元の良い塩梅のメイク方法、クマの隠し方、などフムフムと思いながら読む。わたしはメイクが得意な方ではないので、これを読んでやってみたいと感じた。

河北さんの紹介するメイクツールや化粧品、まさに今どきのもので旬だ。
ブランドモノは流石に買えないけど、プチプラコスメなら買えるかも?
と思ったのが運のつき。

さて、わたしの手持ちの化粧品だが、必要最低限しか持っていない。去年メイクアップレッスンに行き、そこで仕入れた知識のもと、コフレドールのOR118のオレンジが似合うと思って買ったのと、資生堂のオレンジベースのチークを買ったのみ。
アイシャドウは2016年頃に買ったexcel のものがあるし、アイラインもマスカラもほぼ使わない一本ずつ持っていた。

プチプラメイクコスメ探しは宝探しみたいで面白かった。近くのココカラファインや雑貨屋で物色すると

・ラブライナーリキッドバーカンディブラウン
(限定キティ柄)

・ケイト スモーキーラウンドアイズBR6
メイベリン ラッシュニスタ
・キスミーフェルム紅筆リキッドルージュ07
・オペラ リップティント01
キャンメイク パウダーチークスPW40
(黄色チーク)
・エデュセ クイックケアコート
(爪保護の透明マニュキア)
・Kパレットラスティングチップオンアイブロウパウダー02

が見つかり全て購入してみることに。
次の日の月曜日の朝、新しいメイク用品でメイクするの、わくわくした。

月曜日の会社帰り。今度は京都駅周辺のコクミンドラッグで買い物。

・ヴィセ リシェ ジェミリッジアイズPK6
・インテグレート水ジェリークラッシュ(資生堂の下地)
を買った。

火曜日の朝。これもメイクが楽しかった。そして火曜日の会社帰り。今度はPLAZAとSHOPinへ行き、
ガリの口紅とパウダー型日焼け止めを購入、フローフシの38℃グロスまで購入した。

ああ、いいカモだな、と我ながら思う。
しかし楽しいからよし。そして今まで使っていた全ての化粧品は、開封してほぼ1年が経っていた。こちらは思い切って断捨離。今どきの化粧品を存分に使うのは楽しいと思い始めた。

義母と娘のブルース 下

上巻の方が好きだった。
下巻は、高校生になった娘のみゆきちゃんと、元バリバリのキャリアウーマンだった、あきこさんとの親(義母)と子の物語。

みゆきちゃんは高校生になり恋愛をし始め、元バリキャリのあきこさんは、角のパン屋でアルバイトを始める。
アルバイトの面接に行ったのに、パン屋の店長から国税局の抜き打ち調査と間違われてたのがおかしかったな。あきこさんはスーツで元大企業の部長のオーラだからね。

履歴書を見て店長もびっくり。うちではもて余すと言って一旦不採用になるが、のちに採用。
パンの名前から原価、値段、そして由来まで覚えるあきこさん。

元ヤンキーのパン屋の店長は次第に一回りも年上のあきこさんに恋心を抱くようになる。
それを見ていた、みゆきちゃんの恋人ヒロキくんは応援することにする。

といった内容だった。最後がびっくりした。こんな終わりかたもあるんだね。

義母と娘のブルース 上

昨日ネットサーフィンをしていたら、偶然広告に上がり、無料立ち読みしたら面白くて続きが気になり本日買った本。四コマ漫画ですぐ読めた。
会社員であるわたしは、くすっと笑える内容が多かった。
主婦の井戸端会議も、PTAの会議も、義娘の子育ても、全て大企業の女部長のキャラとして乗りきる主人公のあきこさん。
噂好きのおばちゃんも振り回すし、PTAのボスキャラの女性も倒してしまう。

事前準備の抜かりなさで有利に持っていき、他の企業の重役たちからも一目おかれる存在、なのに結婚して会社を辞めて、再婚相手の連れ子小学生相手には四苦八苦。
そして家事はドヘタ。
小学生の女の子も、このあきこさんには中々心を開かないが、徐々に打ち解けていき・・・。


小学生のキャラ弁日経平均株価柄になってるところや、家が格言や目標などのポスターが貼られまるで会社のようになっていたところも面白い。
言葉遣いも「善処します」といったような感じでまるでサラリーマン。
そこに突っ込みまくる12才の連れ子の女の子。
続きが気になるので下巻も買ってしまった。

今、ドラマがやってるみたいなので、それも見てみようか。

絶海の孤島

絶海の孤島 増補改訂版 (驚愕の日本が、そこにある)

絶海の孤島 増補改訂版 (驚愕の日本が、そこにある)

『深夜航路』と平行して読んでいた本。似たテーマで、違う切り口で複数の本を読んでいると対象がより具体的に見えてくるから面白い。

この『絶海の孤島』では
対馬青ヶ島、鵜来島、舳倉島、江島、硫黄島、悪石島、大東島(北大東島南大東島)、父島と母島
を巡った様子が書かれている。

対馬やフェリーとしまの飛び石航路の様子が正に『深夜航路』とかぶるところだが、この『絶海の孤島』の筆者はより「島の様子」や「人の暮らし」に焦点を当てて記載があるのが面白い。

まずは対馬
厳原に降り立った著者はハングルの多さに面食らうが、そこからバスで二時間先の比田勝では、更に韓国人旅行客やハングルの多さに辟易としてしまう。釜山から一時間で行けてしまう対馬は韓国人の格好の観光の場所だ。最初は面食らった筆者だが、対馬の居酒屋のマスターやたこ焼きのお姉さんといった人たちが実は韓国人で、マスターとは二人で飲みに行ったりもした。その様子が人間味あふれる感じだった。

青ヶ島
わたしも行ってみたい島だ。筆者は天候に左右され還住丸の欠航も相次ぎ、ヘリも予定通りには飛ばず、帰れなかった。初めて知ったことは青ヶ島には青酎というお酒があるが、ラベルも瓶も同じなのに住む人や作る人によりプライドがあり微妙に違うこと。筆者は同じだと思い売店で買ったものを宿へ持ち込むと宿の店主に怒鳴られて店主の機嫌を悪くしてしまった。この店主はあまりの怒りに宿泊費を三千円アップ。筆者はこの店主がいないと島の足が無くなるため渋々従う。

鵜来島
おばあちゃん、おじいちゃんが元気な島。島を降りると鋭い眼光のご婦人方が階段に座りこちらを穴が開くほど見つめてくる。その階段を通らないと島には入れないためビビりながらも島に入る筆者の様子がおかしかった。ただ区長さんの心配りがわかる島人へのメッセージや、島民大体の人が筆者のお昼ごはんを心配する様子が良かった。宿は2件あるが満室なので日帰り。

舳倉島
石川県輪島に行ったことがあるので少しだけ親近感。筆者も輪島から舳倉島へ。ここの島民は挨拶しても無視する人が多かったり猫可愛いですね、と言っただけなのに、怖いと叫ぶおばちゃんなど歓迎ムードと対極にあった。また船から来る島への訪問者はバードウォッチングを主とした人々か、釣りを楽しみに来た人々かのどちらかで、宿でも筆者はどちらにも入れず寂しい思いをした。島民は玄関に物干し竿をつっかえ棒にして「私有地 入るな!」と書きなぐっていた。島民は挨拶しても返ってはこない。きっと今まで来た訪問者のマナーが良くないときがあったのだろう。
しかし若い研修医と若い医者の二人に筆者は助けられた。会話ができた。この島特有のヌカカに刺され腕に痒みが走ったが、本州の医者では分からずこの二人に連絡しその知識のおかげで治ったそうだ。

硫黄島
写真がすごい。温泉の影響で本当に海が赤い。

江島
筆者が本当に何もなかったので書きようもないといって無理矢理旅行記を書いた島。わたしも読んだはずなのに殆ど覚えていない。

大東島
南大東島
住人も1000人以上は居て
ラテンのノリで楽しい島。メインストリートにはスナックや居酒屋が軒を連ね夜な夜な楽しく過ごしている。週末には島民同士の何らかのイベントがやっており筆者もゴルフ大会とビンゴ大会に参加した。これはこの島の吹奏楽部が強いのに那覇まで行ったり宿泊したりするのにお金がいるためで、参加費が遠征費になるそう。筆者たちは大いに盛り上がる。また大東名物かえるせんべいにも遭遇。これは大東には蛇がいないのでヒキガエルやかえるが繁殖しそれが車にひかれ放題で干からびてそのままのもの。

北大東島
商店もポツンポツンとあるのみ。凄く静かな島。というのもリン鉱石で栄えて一島丸ごと同僚が住む町みたいなものだからだ。上司や先輩がすぐ身近となれば下手なことは言えず無口になったのでは、というのが筆者の見解。とはいえ、リンは戦前頃には衰退し代わりに製糖工場ができた。この島の一人あたりの所得は沖縄でトップだが島の人は言う。もし子どもが出来たら高校から那覇だと。那覇まで行き来するための費用、那覇で暮らすための費用、とバカにはならず、そのため島民は2つも3つも仕事を掛け持ちし、なんとか支えているということだ。

悪石島
フェリーとしまの飛び石航路の様子が面白かった。
飛び石航路で著者が乗った船は特別だった。臥蛇島へ再接近する船で昔臥蛇島に住んでいた臥蛇会の方々と乗り合わせ。その様子が良かったのと、飛び石航路のうちの平島で大歓迎の太鼓の演奏が見られたのと温泉が良かったのと。面白かった。
おじさんたちが悪に丸がついたマークのヘルメットを株って作業していたのも、面白い。

父島と母島
行くのに、東京から1000キロは離れており、船で25時間かかる。初めて知ったが日本人だが金髪で目の青い欧米系の人々も昔交わり、その子孫もいるので人種豊かだそう。小笠原諸島に属するが沖ノ鳥島へも1000キロ近くかかる。父島では美味しい新鮮なお寿司を食べることができ、母島ではひたすらのんびりできた、とこの本にはあった。