比良山系 武奈ヶ岳

比良山系 2010年版―武奈ケ岳 (山と高原地図 45)

比良山系 2010年版―武奈ケ岳 (山と高原地図 45)

本日2017年11月19日武奈ヶ岳へ登った。
前々からの予定だったので、地図を入手し、もしもに備えた。しかしこの地図は読み物としても、面白かった。武奈ヶ岳山頂へのコースは初心者向け~中級、やや上級のコースとあるようだ。

友達は初心者NGコースを行ってきたと聞いた。おそらくガリバー村から入り、鎖場があったり、川を渡渉したりというコースで、友達は流されそうになったといっていた。

また別の知り合いは、武奈の金糞峠付近で遭難しかけたとも聞いた。偶然通りかかった登山者に助けられ、夜7時半には下山できたという。

さて、今回。秋の紅葉を楽しみに、もちろん初心者向けコースの坊村から御殿山を通るルートで出発。装備も冬登山用で軽アイゼンも持って行った。
最初はきつい急な坂。同じような、くすんだ紅葉の道をひたすら上へ。
途中、雪がちらついてきた。この時点ではまだ上へ。道は急ではなくなってきたが、みぞれやあられが降ってきて、あっという間に木々に三センチほど積もった。登れば登るほど雪景色で白銀の世界だった。秋の山というよりは冬山だった。ただ、雪の中に落ちた紅葉はきれいだった。

若い単独女性登山者や、15人ぐらいの団体登山者とすれ違う。わたしたちは、吹雪いてきたので引き返すことにしたが、団体客が行ったので御殿山までは行くことにした。その際軽アイゼンが役立った。

ほどなく御殿山山頂に到着。山頂は何もなかった。団体客が皆アイゼンを装着しているところだった。わたしたちも、あと40分ぐらい行けば、武奈ヶ岳山頂へ着ける。しかし引き返した。初心者も擁しているし、すでに13時だ。もし武奈ヶ岳へ行き、帰るとなると4時~5時になるだろう。本日の日没が5時前なのでギリギリか。

さて、アイゼンを履き、雪で滑らないように降りていった。これを履いていると安心だった。

しばらくするとまたくすんだ紅葉の様子が続く。そして下山できた。

帰ってきて、武奈ヶ岳に関連する本を読む。この本を通して、し尿問題とか、小屋が色々あるけど一般人には使えないとか、踏みあとを慎重に進まないと迷うとか、危険コースもあるとか、実は御殿山から武奈ヶ岳までの稜線コースから360度大パノラマを一望でき素敵であるとか、昔比良スキー場があり、ロープーウェイもあったいう情報を得た。

Bead Art

Bead Art ( ビーズアート) 2012年春号 vol.1

Bead Art ( ビーズアート) 2012年春号 vol.1

Bead Art (ビーズアート) 2013年秋号 vol.7

Bead Art (ビーズアート) 2013年秋号 vol.7

Bead Art 2014年冬号 vol.8 (ビーズアート)

Bead Art 2014年冬号 vol.8 (ビーズアート)

ビーズアート創刊号。7号、8号。ビーズアートショーに行ってきたが、ビーズアート創刊号~8号なら3冊1000円という、お値打ちもの。

余合なおみさんが、どんな風にしてビーズと出合い、ビーズでワイヤーで色々作品を作るようになったか、とか、坂本敬子さんのマリン風な作品とか、立体的なイチゴにお花、アクセサリー・インテリア部門で入賞したカラフルな観覧車とか、デコレーションしたスマホケースの立体的なドレス着たバービーチックなお人形さんとかクジャクとか。

とにかく、見てて面白いし次の作品は何を作ろうかなと思ってくる。

あさえとちいさいいもうと

あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)

あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)

妹がいるからか。小さいときに買ってもらった本。一時の断捨離ブームで捨ててしまったか売ったかしてしまったが、外でお母さんの留守の間に、あさえがちいさい妹を見失い、必死で探すお話。

ちいさいいもうとを見失い焦りながら探すあさえの文章が、俯瞰した絵であさえといもうとの距離が分かりやすくほほえましくなる。

最後にいもうとが公園の砂場で砂だらけの手をあげるのもかわいい。

本当にあった 奇跡のサバイバル

本当にあった 奇跡のサバイバル60

本当にあった 奇跡のサバイバル60

この本、こわい。ここに書くのも恐ろしいくらいの物語が満載だ。

2001年9月11日のニューヨーク 貿易センターの北タワー階段にいた人々の奇跡や、(なぜかビルが崩れ落ちたとき1階~22階までの北タワー階段にいた人々の何人かが助かった話)や、鉱山の落盤事故により地下に閉じ込めれてしまったチリの話、飛行機のエンジンがガンの群れと激突し、すぐに機体がダメになると判断した機長がハドソン川に着陸すると決断し、ハドソン川から全員が助かるまでの話
など色々ある。

「白鯨」が生まれたきっかけとなった実際の語(クジラ漁に出かけ、クジラの反逆にあい、船が何日も漂流しなければならなくなり、船の食糧は底をつき、死体を食べたり、くじで誰かを殺して食す話)、
カラコロム標高8000メートルのK2で巨大化した氷柱が何トンも崩壊する前か後か、崩壊したときもどこにいたか数時間の差により生死を分けた話、

砂漠で男三人を助けたら、車中で睡眠薬みたいなものを飲まされ車や所持品を全て盗まれ、砂漠を一人で何ももたずにさまよった話

関東大震災で多くの人々を救助したオーストラリア号の話、
昔のジャワ島付近で恐ろしい病気をもらってしまい次々に乗組員が死に、最後に10代の航海士が船の全責任を任され危険な船旅を続けることになった話、氷河に閉じ込められて船が漂流した話、船を捨てて歩いて助けを求めにいった話などなど

こわいが、つい先を知りたくなる話だ。ほかにも色々掲載されているが、どの話も事実なのがまた恐ろしい。

生死を分ける 山の遭難回避術

昨日買って今日一気読みした本。実例を交えて書いているのでとても怖く思った。どの本にもいえるが、知っていることと、知らないことの両方書いてあった。

例えば知っていることととは、低気圧女子の処方せんという本にも出てきた天気図について。西高東低や2つ玉低気圧のときは天気が崩れやすいから登山に適さない、など。それから観天望気など。巻層雲や巻積雲があれば天気は下り坂に、ということなどだ。

また雷の避け方もこの本を見る前から知っていた。木や電柱のそばは側撃雷を受けるから、そこから2~4メートル離れた保護区域というところに避けると危険が多少は減るなど。

この本を見て、実例以外で初めて知ったこと

・登山の基本装備→mont-bellにいくつか買いにいった。コンパス、簡易保護シート(くるまり用)、超軽量ヘッドランプ、極薄ジオライン(登山に最適なインナーシャツ)

・山岳保険には数百円で入れるものもある

・沢は下らない。下れば崖や滝にぶつかり、どうにもならなくなることがある。

・行き先や登山計画は家族にも必ず具体的に告げる

・入山届を出す

・携帯は必ず持っていく→圏外のときは、尾根や稜線に出ると繋がるかも。

・単独行動はしない。

・先に行ってて、なども好ましくない

熱中症の症状とその対策について

・低体温症の症状とその対策について
→人のコアな体温は常に37度に保たれているが、35~32度のときに迅速な処置が必要。28度ともなると昏睡に。

・星の瞬きが激しければ上空の大気が不安定で天候悪化の兆し。

・ヘルメットを被る方が安全で、山岳協会も普及につとめる。
 
・救助を要請したら、警察などは税金からまかなわれるが、民間などは個人で莫大な費用がかかる場合も。


こわかったのは、はぐれて一人になって道迷いというケースや、トムラウシ山でツアー客やガイドらが遭難、5人のみ無事下山できた話、(これはガイドの対応が悪すぎる。精一杯つくすのは分かるが他の登山客のことを危険にさらしっぱなし)

とにかく、ツアーでも気を抜かない、装備は万全に、を心がける。そして道に迷ったら、必ず分かる地点前まで戻るようにしよう。

バテない体をつくる 登山食

昨日から読みはじめ、一気に読み終わった本。登山食のレシピが思いの外載っていたのが良かった。バテない体をつくる 登山エクセサイズの本を買ったときから気になっていた本で、買えて良かった。

登山ではシャリバテに注意

全身運動のためお腹がすく

という、当たり前のことから、

登山中はこまめに補給を

どんなものが食べてからいつ頃エネルギーに変わるのかという、具体的なことが書かれていた。

やはり、糖質が一番すぐにエネルギーに変わりやすい。しかし糖質にも色々あり清涼飲料水や、砂糖の方がすぐエネルギーになり、ご飯などは糖質の中ではややエネルギーになるのがゆっくりしているらしい。

高エネルギー食、少ない量でどれだけエネルギーになるか、も食品別に書いてあり面白かった。

糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、まんべんなく取ることが大事だ。
腹持ちがよく、食べやすいことも大事だ。

糖質のうち、おにぎりについて一般的なコンビニで売られているものから、選び方について書かれていた。それによると、ツナマヨや赤飯が高カロリーだ。
パンの利点は軽く、すぐエネルギーになること、とあった。海外登山で日本人が朝米を炊いている間にドイツ人グループはさっとパンを食べ、すぐ出発したという記述をみて、なるほどな、と思った。

パンの中では、シナモンロール、チョコレートパンなどが高エネルギーだ。

糖質を含むもののなかで米系は発芽玄米、雑穀米、餅、ビーフンやフォーがあり、それぞれの特徴が書かれている。
また、小麦粉系はパスタ、そうめん、麩などが書かれていた。

脂質はまずは糖質がエネルギーになったあと、第2のエネルギーに使われる。脂質は肉、魚、油、ナッツ、大豆、バター、チーズに多く含まれる。

たんぱく質は筋活動に大事だ。肉、魚、大豆、牛乳、チーズ、卵に多く含まれる。

ビタミンはエネルギー産生を助ける
豚肉、うなぎ、卵、牛乳、バナナ、玄米に多く含まれる。

ミネラルは海藻類、水菜、レバー、カキに多く含まれる。

登山の行動食には、ゆでたまご、バナナ、りんご、みかん、ゼリー飲料、ナッツ入りチョコレート、チーズ、ドライフルーツ、ミニトマト、魚肉ソーセージ、ソフトビスケット、シリアル、ナッツ類、煎餅、ジャーキーやサラミ、あんぱんが適している。どんな風に適しているのかの記述もある。

調味料も高エネルギー化を目指すものとして、バター、マヨネーズ、練乳やスキムミルク、砂糖、みそ、トマトケチャップ、はちみつ、ピーナツバター、ラード、油、ドレッシングの記述がそれぞれあり、こちらも一つ一つの調味料についてアドバイスが書かれていた。

バテない食べ方で驚いたのが登山前に糖質をいつもより多目に録りましょう、とあったこと。確か数日前に読んだ食事術の本と真逆のことが書いてある。
登山の前は、太りそうなものをたっぷり取っておこう。

下山後の食アドバイスは、疲労回復のため、たんぱく質の多い食事を取りましょう、だった。

登山でのバテない飲み方なるものもあるのに驚いた。ハイポトニックという単語は初めて聞いた。スポーツドリンクを水で2倍に薄めて飲む方法らしい。そして喉の乾く仕組みも紹介してあった。
体内の水分が2パーセント失われると喉が乾いたな、と感じ、4パーセントで頭痛と疲労、10パーセントで命の危険だそう。
また経口補水液や、しそジュースの作り方も載っていた。

登山食あるある
・食糧がくさる
・食糧が重すぎる
・食事道具がかさばる
・夕食を作成中に日が暮れる
・日に日にゴミが巨大化

まず、食べ物の腐り方についての記述があり、微生物の水分の利用率や、酸化などの例があった。包装の工夫や漬けるという手、加熱、薫製、缶詰やレトルト、などを利用する。

登山食はフリーズドライが普及して飛躍的に変化した。軽量で美味しい。アルファ米の味も改善されてきている。乾物の利用も登山に適す。干し野菜や干し柿の作り方も書いてあったが、一歩間違うと腐りそう。

登山食の定番は「ぺミカン」らしいが、この単語自体初めてきいた。ラードやバターによる野菜炒めのことで、野菜と一緒に丸めて持参するらしい。作り方が図入りで載っていた。

食事道具のコンパクト化のページに取っ手が便利に折り畳めるものがあり、なるほどな~と思いながらその鍋の絵をながめた。
また、時間や燃料の節約方法についても書いてある。燃料には、ガス、ガソリン、アルコールなどがあり、昔は大学の山岳部は石油コンロを使っていてすすでノズルがよくつまったとか、ガソリンはガソリンスタンドで少量をポリタンクで買えたとか、昔ならではの記載も面白かった。

また、もっと昔の先人達の登山家はどうしていたか?などの記述もあり、それによると米とみそ、干し鱈だけで何日も過ごしたとか。マタギは鰹節を持っていってたらしいし、昔のアルファ米、一回炊いた米を干して持っていく乾(ほ)し飯(めし)というものもあったらしい。このほしめしの作り方も載っていたが、いかんせん不味そうだ。

日本の伝統食にも言及していた。発酵食品や大豆食品、甘酒、甘納豆、干しいもかりんとう、ようかん、干し柿、つるし柿、かき餅などについての説明があった。

山菜やキノコを採る方法も説明されてあった。毒キノコ率が高いのは白っぽくて、ツバやツボがあるものだった。しいたけにそっくりな毒キノコ、ツヨキタケというのもあるがツバが真ん中から生えておらず、わずかに光り、黒光りし、割ると黒ずんだ部分があるそうだ。

HYGGE ヒュッゲ 365日「シンプルな幸せ」の作り方

書店でいいな、と思って買った本。一目見たときも、本書を全部くまなく読んで読み終わったときの読後感も、どこかゆるっとしている。

この本を読むと、まあ、そんなに頑張らなくてもいいか、という気持ちになってくる。

普段猛烈に働いている人や、時間に追われている人、疲弊している人にこそ勧めたい一冊だった。

ヒュッゲは、つまり人と人との繋がりで心がほっこりする幸せ、とか、心地よい幸せな時間、とかのイメージがついた。

デンマーク人がヒュッゲなひとときを大切にしているのがよくわかる本だった。

この本を通して初めて知ったこと

・ヒュッゲという言葉そのもの

・ヒュッゲにキャンドルやよい感じの照明は欠かせないこと

デンマーク人はキャンドルをヒュッゲに欠かせなものとみなしていること

・ランプ、照明に色々な種類があること。光の拡散など考えられた照明があること。

・他のヨーロッパの国々にもヒュッゲに近い言葉があること

・ケーキマンというお菓子、ケーキマンの首を切るのは誕生日を迎えた子供だということ

・クリスマス限定の習慣があること、その中にアーモンドを混ぜておいて、そのアーモンドが当たった人はクリスマスプレゼントをもらえること

ボードゲームがヒュッゲになりえること

デンマークが幸福な人が多い国1位にランクインされているということ

・色々なエキスを入れるクルッグという、ホットワインがあること

アンデルセンが考案したクリスマスのハートという、切り紙があること

スポールブール、クッブなど、デンマークならではの聞いたことのないスポーツがあること

・夏の夏至祭や野外映画鑑賞会などがあること

デンマークは自転車大国だということ

デンマーク語はドイツ語を熱々のポテトを頬張りながらしゃべってるみたいな言葉と言われるということ


わたしなりのヒュッゲの時間は何だろう?
確かにスキーしたあとや山登りをしたあと、仲間たちと山小屋でゆっくりする機会があるとしたら、それはヒュッゲだろうし、
家の日溜まりのある温かな座り心地のいい狭いところでブランケットでくるまりながら読書をのんびりするのもヒュッゲだろうし、

古い趣のある昔ながらの居心地のよい喫茶店でのんびり好きなことするのもヒュッゲだろうし、

友人たちとボードゲームで楽しむのもヒュッゲだろうな。

少し探検しにいくのもヒュッゲかもしれない。

ヒュッゲは日常で少しだけでも自分を甘やかす時間だな。まだまだ見つけられそうだ。