肩甲骨をゆるめる!

肩甲骨の体操DVDを見たあとに読んだので理解度がより深まった。
本は本で読んでいて面白い。映像を思い出しながら見れるページもあった。

肩甲骨のコリは健康のバロメーターとあって、ドキッとさせられる症状が当てはまった。

例えば、

13ページにかかれている項目のうち、
肩が痛く腕を上げられない(たまに)
腕がしびれる(たまに)
胃腸がもたれる
便秘がある
風邪引きやすい
からだが冷える
深く眠れない
息苦しい
咳がよくでる
胸に痛みが走る

などがたまに当てはまった。
また肩甲骨のコリがひどい人の特徴にも当てはまった。

特徴

頭が前に倒れている
肩が前に出ている
手を上げにくい
手が後ろに行きにくい
鼻や喉の調子が悪いことが多い
寝違いを起こす
呼吸が浅い

肩甲骨のコリに関連する筋肉の説明があり、背中回りと腕の筋肉や骨はどんなものがあるのかよく分かった。
また、ぎっくり腰や椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の違いも分かった。

おしりの梨状筋が伸ばされて緊張する座りかたなども書かれてある。
また、肩甲骨のコリは「老け顔」の原因というのは聞き捨てならない。

コリの正体と矯正の基本、というページでは、凝っている筋肉は膨張して硬くなっているそうだ。コリは、疲労物質がたまってパンパンな状態を指す。その疲労物質を流す、というのを目的にしている。
自転車のタイヤのチューブの例えが分かりやすい。また、マッサージもストレッチもダメだということに改めて驚いた。揉み返しの起こりかたから亀の甲羅状になった肩甲骨の出来るまでの仕組みが紹介されていた。よくないよくあるストレッチも紹介されていた。すべて高校の体育でやっていたような運動だ…。

縮めて揺らす、というのも大事だ。毛管現象により毛細血管の血流やリンパ液の流れが良くなる。
摩擦熱が生じ、体温が上がる→まさしくそうだ、と実践して思う。

神経の緊張がゆるむ →交感神経の緊張がゆるむ→リラックスする(これは電車の揺れで眠くなるのと同じ)
しかし振動はだめ。細かく振動する板の上で寝て、寝れますか?という問いに無理だろうな、と即思った。

この本の半分くらいはDVDと同じことで、おさらいといった感じだが、肩甲骨をゆるませるオイルマッサージについて、使うオイルについて言及されていた。ココナッツオイルと、バージンオリーブオイルを混ぜたものを使うとよいらしい。よし買いに行こうっと。
あとは何でも親指は極力使わず、親指と人差し指は伸ばして、中指・薬指・小指で出来るだけ動作をすると肩凝りも減るらしい。本も人差し指と中指で持つ、スマホは、人差し指で打つ、とかやっていこう。

肩甲骨の体操DVD

書店で見つけ、購入したDVD。同じタイトルの本も同時に購入した。

まず、どうして肩甲骨のコリが起こるのかと、肩甲骨の負担を和らげるための日常の動作が紹介されていた。
立ち方や座り方、パソコン作業の仕方、資料を見ながらのパソコン作業の仕方、スマホの操作方法など、やってみると、確かに肩甲骨のまわりが楽に感じる。

その後、肩甲骨のコリを楽にするための体操が紹介されており、実際にDVDに沿ってやっていった。
全部終わる頃には肩甲骨の周りが温かくなっていた。

私の肩甲骨のコリはひどい。2009年頃に、カイロプラティックに行き、肩甲骨の水泡をバキッとつぶしてもらうのに始まり、2011年からは毎月タイ古式マッサージに通う。しかし肩甲骨のコリは悪化する一方で、マッサージに行かないと、とても肩甲骨の周りが痛くなりいてもたってもいられず、結局タイ古式マッサージに行く。

タイ古式マッサージの翌日は全身がダルくなり動きも悪くなる。肩甲骨の周りに詰まってた疲労物質の固まりがマッサージによって押し出され全身に廻るからだ、と私は考えていたが、どうやら違うようだ。

とにかく、この肩甲骨の体操、すごく効く。とくに背中側で手を組み、手のひらを肩甲骨がより縮むような手首返しで、上下に10回振る運動は、すごく効く。肩甲骨のコリがほぐれそう。

あとは棒上下法(120㎝の棒がいる。DVDでは木刀を使用)や、割りばし法なんてのもあり、その都度120㎝の突っ張り棒や、割りばしを準備した。

四股を踏む運動もあった。

最後のオイルマッサージ法では、一人では肩甲骨の周りをマッサージ出来ないから付随する腕や額関節をマッサージしていきましょう、というものだった。マッサージオイルがないので、何もつけずにやったが、それでも気持ちがよかった。

「なりたい私」になるクローゼットのつくり方

「なりたい私」になるクローゼットの作り方

「なりたい私」になるクローゼットの作り方

服は勝手に着ている人はどんな人か語ってしまう。

上司に認められてキャリアアップしたい女性が、就活のリクルートスーツを着て会社に行っていれば、未熟だと表しているようなもの。

白のワンピースにつばの広い帽子をかぶっている女性=深窓のご令嬢と想像してしまったりする。

トレンドを追うのではなく、「なりたい自分」になるために服を選びにいく。服に自分を語らせましょう。流行はなりたい自分を惑わせる。服をハンターしにいくつもりで買いにいこう。

自分に向きあい、本当に望んでいることを知り、その上で服を選びにいくと本心にぴったり合った装いが出来る。そうすると「こうひう人だ」というのが正しく伝わり、周りもそのように扱ってくれる。
職場の人に褒められたり、店員さんに優しくしてもらえたりする。

→秋の服がないな、と思いデパートに服を見に行き試着していたところ、遠くで別のお客さんを褒めちぎる店員さんの声が聞こえてきた。

「あなたのような素敵な女性は、私が男性だったら迷わず付き合ってほしいと言います」

「なんて可愛くて可憐で素敵なんでしょう」

「ああ、仕事でなければメールアドレスや電話番号を聞いてお茶かご飯にお誘いしますのに。もちろん、わたしがごちそうします」

「本当に素敵・・・・(うっとりした声)」

「私どものお店にあなたにお似合いになりそうな服が無く申し訳ございません」

「あぁ、もう帰ってしまわれるのですか?もう少しお店にいらっしゃっいませんか」

「本当に若くてキレイで素敵・・・・」

「私は今日あなたに会えただけで幸せ者です」


・・・・私は試着室にいたため、もうひとつの角にある試着室でやりとりされている店員さんと褒めちぎられてるお客さんの声しか聞こえなかったが、あまりに過剰なので、吹き出しそうになった。

店員さんは、私の方も、他のお客さんの方も見向きもしない。声かけもしない。ひたすら、そのお客さんだけを褒めちぎっていた。

試着室にいたため、褒めちぎられているお客さんを見ることはできなかったが、きっとその人らしさ溢れる可愛くて可憐な方だったのではないだろうか。

話を元に戻そう。
その「自分らしく」服を選ぶにはどうしたらいいかというのが書かれた本の紹介に戻る。シンデレラだって、お姫さまの装いのドレスで王子様に見初められた、とこの本の冒頭にある。


「夢が叶っている自分が着ている服を今着る」
例えば正社員目指して就活中の女性には、もっとクラス感のあるベージュのジャケットを。
将来、彼氏が出来て幸せなデートをしたい女性には、オレンジ色のワンピースを。
というように少し先の望む自分が着ている服を今着る。
そうすると、周りがついていく。
松田聖子さんも、本の著者しぎはらひろこさんも自分を客観視して、「わたしジェニーちゃん」を作ってそのイメージを作り上げる。

誰にも気兼ねなく、妥協せず、思いきり素直になろう。

わたしジェニーちゃんの作り方

自分に向き合う
なりたい私を具体化する
私の夢を書き出す
わたしジェニーちゃんの説明書をつくる
コラージュをつくる

一つ一つすることで、
毎朝服が素早く選べる
買い物で失敗がなくなる
気分が上がる
服の数が減る
服に悩まなくなる 

自分に向き合うためのワークをやってみた。
好きなところと嫌いなところを書き出していく。
憧れの人は誰かも書き出す。
夢を書き出し、わたしジェニーちゃんの説明書まで作成した。

作成しっぱなしになってしまっている。

そして次の
「コラージュをつくる」
でひっかかる。まずファッション雑誌を買ってこなきゃいけない。色々な雑誌を見るも、「買う」気になかなか至らない。本来は色々な雑誌を買ってきて、色々自分好みのファッションを切り抜いていくのだけど進まない。それが出来ないので、コラージュを作ったあとの人に意見をもらうとか、クローゼットの裏に貼る、とか出来ていない。とはいえ、これをやれば、自分が明確になりそうだ。

さて。アウトプットしたのは自分を知るためのワークだけではない。手持ちの服の整理の仕方もやってみた。

ゴミ箱行きの服リストがあったので該当するものは捨てた。ただ春頃だったので衣替えのこの季節、もう一度見直したほうがいい気もする

捨てた服
・毛玉ができた服
・縮んだ服
・汗じみが出来た服、黄ばんだ服
・膝の伸びた服
・ヒップが薄くなった服
・袖口や裾が擦りきれた服
・賞味期限切れの服(今着るのはちょっと・・・)


あと、大事なのは自分を表現してるのはもちろん、他人が見てどう感じるか、も大事。

ファッション誌はモデルの顔を隠して見るようにし、服を買いに行くときはメイクや髪型もバッチリにしてからになった。

試着のときは
着心地とサイズをみる
その服を着た自分がどう見えるか
わたしジェニーちゃんにふさわしいか
をチェックする

センスアップ

Sense up 「大人のセンス」でもっと素敵な私になる考え方とテクニック

Sense up 「大人のセンス」でもっと素敵な私になる考え方とテクニック

60代女性のコーディネートでも、若い人から支持される今風のものにすることが可能。


あなたの身の回りにあるものは、あなた自身を象徴していますか?

→私の場合は・・・少し子供っぽいかもしれない。かわいいグッズが多い。

洋服やインテリア、それに毎日使うコーヒーカップや歯ブラシ、タオルにペンやノートまで。
全部あなたらしいか?

→うーん、マグボトルは良いものを選んだつもり。歯ブラシは黄色い。タオルは使い古しているかも。ペンはノベルティや、ご当地キャラペンとか。これではダメだと1000円くらいする光沢のあるペンも購入したけども。ノートも小学生っぽいかもな。


「セレクト」と「スタイリング」をしっかりやりましょう。なんとなく、で選ぶと統一感が欠如します。

あなたが選ぶものは、あなたの夢の象徴。
これを買ったら楽しい。これを買ったら便利。とワクワクして買ったはず。
だから、なんとなく、で選んで買わないで。

あなたの印象も「見せ方」で変えられる。
あなたの「センス」で毎日の印象をつくる

どうすればいいか。
どんなものにも共通して美しく見せる方法がある。
選美眼と見せ方を鍛えよう

そこに流れているその人が醸し出す空気感がまず大事になる。雰囲気がいい、と思わせる。

選び方を変えればあなたは何倍でも素敵になれる
どんな服で行く?
スカートかパンツか
選んだ服に合わせ、靴はどうする?
いつも同じのヒールのある黒い靴だ。
髪型は?
ボサボサだ。しかし一応整えてはいる。どうしても癖毛でボサボサに見えてしまう
アクセサリーは?
自分で作成したものを。
家を出て道順は?
そんなもの毎日同じだ。
飲み物は?
毎日ブラックコーヒーだ。
ここで考えて。
毎日のセレクトは自分らしさの連続だから。

なぜ、日々スタイリングすることが重要なのかというと、見えかたをコントロールすることで、周りはあなたを理解しやすくなり、認められやすくなる。

さて、少女の頃のままのお花畑のイメージは捨てよう
→いや、私の場合は少女の頃もお花畑のイメージは特になかった。冒険や探検が好きな、どちらかというと少年のようだった。

しかし、この本のチェック項目にある、
エレガンステイストやクラシックテイストが好き、という項目に当てはまったので、20代のセンスで止まったままかもね。


まずは基本から。ものの見方を変えてみよう。
練習。パッと見て一番目立つものを言葉にする一番印象が強いものを見る。ここで注意するのは大半の人が細かい部分ばかり見てしまうということ。全体を見ること。雰囲気のよさは全体のまとまり感で作られる。


著者は情報をインプットして、その後アウトプットする、というのを実践している。例えば和風の旅館のスタイリングする仕事が来たら。著者は和風の旅館を徹底的に頭に叩き込む。写真、その構図、背景から客室のしつらえかた、浴衣の折り方、下駄の揃えかた、行灯の置き方など、ありとあらゆるところをリサーチし、その上でアウトプットする。

自分らしいイメージ収集+流行チェックで必要なものだけ引き寄せる

シンプルという言葉ひとつとっても、今どきのシンプルというものがある。今どきのシンプルを知ることが大事になる。

物は色と形、質感からチェックする。

流行は二割取り入れる

自然素材の風合いはあなたを引き立てる

いつも素敵と言われるためには継続性が必要

ビジュアルを整えるとお金もどんどん貯まりだす。
全く同じサービスなのに見せ方を変えるだけで売り上げも変わる

プチプラは、正しく選べばあなたの人生をお洒落に輝かせてくれる

アウトプットしたこ
→色統一をする。
すべてをテーマカラーで揃える。
→仕事のデスク回りだけだが色統一を行った。スッキリして見えるようになった。

カラフルは子供っぽくなるから避ける。
→出来るだけ避けてはいるが。。。

シンプルと花柄、お洒落に見えるのはシンプル。
→それは知っている。そもそもが、花柄よりシンプルが好き。

インテリアは木製品を取り入れる
→木製品ばかりだ。

キラキラ光る、光り物をアクセントとして加える
→ペンは、光るしアクセサリーも光る

バテない体をつくる登山エクセサイズ

分厚くて大きめの本だが、余白もあり読みやすかった本。
登山で、一歩一歩をいかに快適にするか、というようなことが書かれてある。
登山では、ネコのように歩こう。

インプットしたこ
・山は平地とは違うため、体力が必要。ある程度の歩きの技術も大事。

・山は荷物分の重さを背負って登る。もも上げ運動の繰り返しでもある。

・山登りはじわじわと小さな力を出し続けるローパワー運動で、持久力がいる。

・下りは、伸張性収縮といい、筋肉が伸ばされながら力を出す。また、でこぼこ道を歩く。

・登山に必要な体力は、筋力と持久力、全身持久力、柔軟性、調整力

・体力があると便利
疲れにくく、危険も回避でき、時間とお金も節約でき、山を楽しめ、注意力も持続する。

・体力と技術、そして知識も必要


・登山の疲労について
・心肺機能からくる疲労→ゼイゼイ、ハアハアは酸欠状態。バテないために心拍数を管理する
歩き始めも呼吸器循環器系が活発でないた酸欠状態で運動しているため疲労する場合がある。

・筋肉疲労
膝が笑うのは典型的な筋肉疲労
姿勢が悪くなるのも筋肉疲労が原因

・ペース配分による疲労
ハイペースは疲労のもとで、心拍数の変動も疲労のもと。ローペースすぎても疲労の原因に。

・姿勢からくる疲労
登山の登りでは上体を前傾させて、重心を体の中心に移動させる

荷物が増えたらバックパックの上部に積み上げると一番疲れない

・歩き方からくる疲労
膝の向きが不安定だと疲れやすい

・糖質、水分不足による疲労
起こりやすいのはシャリバテ→山でのおにぎりはねんぷんによる糖質をからだが欲しているから。

脱水による疲労→登山では日帰りでも最低1~1、5リットルの水を持っていくのが基本。のどの渇きを感じたら既に脱水は始まっている

・暑さや寒さによる疲労
山は気温の変化がはげしいので注意する。熱中症や低体温症に注意。

・荷物の重さによる疲労
最近ライト&ファストの考えが定着してきている

・疲れると、転倒や捻挫、膝の痛みなど起こりやすい

・疲労を防ぐには
やはり休憩にこしたことはない
疲労のサインをみる
疲労のサイン
・動作が鈍くなる
・反応が遅くなる
・注意力散漫
・歩けなくなる
・普段は転ばない人が転ぶ、つまずく
・体軸がぶれる
・歩き方がふらふらしてくる
・足元が定まらなくなる
・息切れがする
・口数が少なくなる
・顔の表情が変わる

この本には自分の体力のチェック方法や、色々な筋肉を鍛えるためのエクセサイズが部位ごとに図つきでカラーで豊富に載っている。弱点のトレーニングや強化トレーニングにも良いと思った。

また「一本立てる」という山での休憩用語が、歩荷さんが何十キロもある重い荷物を上げ下ろしするのも不便なので、T字に立てた杖の上に荷物を背負ったまま下ろす、それが休憩というのに納得した。

あと、膝の向きが真っ直ぐでないと、道に迷う危険性がある話、雪渓や雨の日の後の歩き方などなるほどと思う話ばかりだった。

登山の栄養食についてもチラッと書かれてあるがトレイルミックスなるものがあること、干し柿やあんぱん、コンデンスミルクが意外にいいことを発見できた。

島もよう

TOKYO ISLANDS 島もよう 大島/利島/新島/式根島/神津島

TOKYO ISLANDS 島もよう 大島/利島/新島/式根島/神津島

書店で見つけ、二度見してから買った本。

東京の島は、浜松町の竹芝桟橋から船で行ける。
この本でインプットしたことは
・行き方には三種類ある。高速ジェット船、大型客船、飛行機。
予約いっぱいでもあきらめず、直前キャンセルもあるので電話してみて、とのこと。

・島の蚊は都会より強力なので、虫除け対策は万全にしておく

・宿にアメニティがあることは少ないので入浴+歯磨きセットを用意

まずは、大島から。
ワイ島のキラウエア火山のペレと大島の三原山の御神火様。山の神を崇めてきたのが同じ、両島は仲良し。
1986年の噴火では、溶岩が元町の手前で止まったという。三原神社と御神火様のおかげ、と島の人は話す。
島の楽しみ方は、昼寝して温泉入ってまた昼寝、何もしない、のが楽しみだそう。

温泉は、湯の宿くるみや、元町浜の湯とある。元町浜の湯は、水着着用。
大島は、大島の中心地の元町エリア、岡田泉津エリア、野増エリア
、波浮エリアなどがある。野増エリアの地層切断面はバームクーヘンみたい。
バームクーヘンを見て後ろを見ると、利島も見える。

ノスタルジックにひたれる雑貨店は元町のエリアに。藤井工房ではレトロな絵はがきや、椿の木でできたあんこ人形(あんことは年上の女性の意味)などが売られる。

また、大島は至るところで椿が見られる。島じゅうで生息するヤブツバキの実をしぼってできる100%純粋な椿油は、髪用、全身用、食用と万能。お土産店では包装紙まで椿柄にしている。椿の花の天ぷらなんていうのもある。

1986年に噴火した三原山では、黒いの火山岩でおおわれた裏砂漠と呼ばれる場所があり、ここに来てこそ大島に来たといえる。大の字に寝っころがるとよい。

欲しくなってしまった島土産
・ヌード耳掻き
こけし椿油
・椿のアクリルたわし
・牛乳煎餅
・大島牛乳
・牛乳ドーナツ
・青唐辛子味噌


次に紹介されていたのが利島。としまって読む。行ってきた友人がいるので聞いてみたが、とにかく水道水がよくないらしい。それはタンクに積んだ水を使うからで、節水が基本。1レーンしかないボーリング場があるらしい。ここまでが友達に聞いたこと。この本からは・・・?

手付かずの自然が残る利島。島一面、約20万本の椿で覆われる。どの道を選んでも椿ばかり。島で唯一の椿油工場。ここで作られた化粧品や食用油もいい。
利島には、ビーチがないが、そのかわりドルフィンスイムがある。利島ダイビングサービスの船でシュノーケルするとイルカに会える。


島旅のコツ
・何もしない
・島に付いたら現地マップをゲット
・島の天気は変わりやすい
・日の出と日の入り時間をチェック
・道に迷っても気にしない
・島の人に出会ったら挨拶を
・オフシーズンに行く



新島の紹介
本村前浜海岸で海に入って遊んでる子供たちの写真が印象的。今から40年前の1970年代。ここ新島に離島ブームが到来し、大型船に揺られ若者がこぞって新島に。人口3000人の離島に観光客15000人も来た。勿論、その頃宿も240軒ぐらいあった。
本村中央通りはディスコや飲食店が軒を連ねていたそう。あと新島には、モヤイ像がたくさんある。緑色のガラスが特徴の、新島ガラスというのもある。
またサーファー憧れの羽伏浦海岸もある。シークレットという海岸もある。

欲しくなってしまった島土産
・牛乳せんべい
島唐辛子ペペロンオイル
・たたき揚げ

新島は南の方が栄えているが、三キロの平成新島トンネルをくぐると北に若郷集落というのがある。廃校になった若郷小学校もある。連絡船にしきで隣の式根島にも10分でいける。


式根島の紹介にうつる。集落内は歩いて10分もかからず歩けてしまう。磯から湧き出る海中温泉は島の南側に集中する。小さな島に二種の温泉が出る。
湯加減の穴、地鉈温泉、足付温泉、松が下雅湯。野趣あふれる。
式根島の海の透明度はすごい。魚はもちろん、ウミガメにも出会える。島の西半分は自然豊かな遊歩道がしめる。

欲しくなった島土産
・たたき
・牛乳せんべい



神津島の紹介へ
伊豆七島の神様が集う。水の配分について話し合ったとされる不入ガ沢は今でも神聖な場所と見なされ、側道より先に足を踏み入れてはいけない。
神津島は豊富な湧き水があり、東京の名湧水57にも選ばれた多幸名湧水がある。
うずまき岩という神秘的な岩群がある。
黒曜石が神津島から東京へ2万年以上前から運ばれていたらしい。水の島でもあり、黒曜石の交流の島でもあり、もちろん、砂浜だって、海だって凄い。
さらに、西海岸から見る夕日はどこで見ても最高。
島男の絆が面白かった。幼い頃から皆知っていて、家の立て替えなどは総出でお手伝い。そして、またな!という一言がない。また数時間後に必ず顔を合わせるから。

泊まってみたい宿
・民宿しんじ

欲しくなった島土産
・塩辛
・地のり
・うつぼ
・ぎょさん(漁業サンダル)

アウトプットしたこ
・利島の椿オイルを買い、髪の毛に塗った。

人は見た目が100%2

ドラマで途中から見て、気になっていたので買った漫画だ。

途中から見たドラマと全く同じ、傘をおしゃれにするシーンから掲載されていた。

なるほど、と思ったのは明るい傘を持つと、自分の姿も全体が明るく見えるということ。
あと、あえて傘がなくてもよい(男性が入れてくれる)という話にもなるほどな、と思った。

最後、佐藤さんに破れた壊れた傘をくれるおじいさん…残念。

日焼け止めのシーンから。持田さんという登場人物の日焼け止めに対する行動力がアツい。日焼け止めを2~3時間おきに塗直すのは勿論、おやつはブロッコリー、そして、極め付きは通勤ルートの作成。要は、いかに太陽の日差しを避けて、通るかということ。ここまでやるかな?
そして、大阪のおばちゃんなら使ってる自転車に日傘を差し込むやり方をこの持田さんも実践。さすが。

あとは白髪かくし、というペンがあったり。そんな存在を初めて知った。
ドラマとはまた違い、美容に関する新たな知識も増え面白い。1巻や3巻などはまだ持っていないが、2巻だけでも面白かった。